人権週間

人権週間

毎年12月4日~10日は「人権週間」です。

お互いの個性や人格、多様性を尊重し、

助け合い、支え合って暮らしていくことは、すべての道民の願いです。

一人一人が、自分自身の問題として人権を捉え、

考えていきましょう。

IMG_0479.JPG

人権週間とは

 昭和23年(1948年)12月10日、国際連合第3回総会ですべての人民と国とが達成すべき共通の基準として、世界人権宣言が採択され、昭和25年(1950年)第5回総会において、採択日である12月10日を「人権デー(Human Right Day」が定められました。
 法務省の人権擁護機関では、世界人権宣言が採択された翌年の昭和24年(1949年)から毎年、人権デーを最終日とする1週間(12月4日~12月10日)を「人権週間」と定め、人権尊重思想の普及高揚のため啓発活動を全国的に展開しています。
 

(1)女性の人権を守ろう

(2)子どもの人権を守ろう

(3)高齢者の人権を守ろう

(4)障害を理由とする偏見や差別をなくそう

(5)部落差別(同和問題)を解消しよう

(6)アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう

(7)外国人の人権を尊重しよう

(8)感染症に関連する偏見や差別をなくそう

(9)ハンセン病患者・元患者やその家族に対する偏見や差別をなくそう

(10)刑を終えて出所した人やその家族に対する偏見や差別をなくそう

(11)犯罪被害者やその家族の人権に配慮しよう

(12)インターネット上の人権侵害をなくそう

(13)北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう

(14)ホームレスに対する偏見や差別をなくそう

(15)性的指向及び性自認(性同一性)を理由とする偏見や差別をなくそう

(16)人身取引をなくそう

(17)震災等の災害に起因する偏見や差別をなくそう

カテゴリー

くらし安全局道民生活課のカテゴリ

お問い合わせ

環境生活部くらし安全局道民生活課道民生活係(啓発・安全安心)

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-206-6148
Fax:
011-232-4820

page top