インターネットによる人権侵害について

 

インターネットによる人権侵害について

インターネットやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及により、手軽に情報を収集・発信できるようになりましたが、一方で、プライバシーの侵害、誹謗中傷、デマの配信・拡散、個人情報の流出などの人権侵害が問題となっています。 

 

インターネットによる人権侵害の特徴

・誹謗中傷が短時間で拡散し、被害者の心を深く傷つけ、命に関わるほどの深刻な事態に至ることがある

・他人の氏名、住所、写真、電話番号などの個人情報が無断で公開されるなど、プライバシーの侵害が起こりやすい

 

・事実と異なる偽の情報(デマ)を信じてSNSで拡散させた結果、無関係な人や企業が誹謗中傷を受けるなど、重大な人権侵害につながることがある

 

人権侵害の現状

 法務省が発表した『平成31年及び令和元年における「人権侵犯事件」の状況について(概要)』によりますと、令和元年の、インターネット上の人権侵害情報に関する事件数は、平成29年に次いで過去2番目に多い件数(1,985件)を記録しています。

 また、北海道内においては138件となっており、過去5年で最高件数を記録しています。  

 

被害に遭ったときは

 インターネットの書き込みにより、誹謗中傷などの被害にあわれた場合は、総務省で公表している
相談窓口の案内図を参考に、ご自身の希望に添った相談窓口にお問い合わせください。

 

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

0570-003-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

お近くの法務局で相談を受けられます。また、掲示板の管理者やプロバイダ等に対して削除要請するための助言等を受けることができます。

 

違法・有害情報相談センター(総務省支援事業)

違法・有害情報相談センターでは、サイト管理者等への削除依頼の方法等に関する相談をWEBで受け付けています。

インターネット上の違法・有害情報に関してお困りの方へ (総務省)

 

子どもの人権110番(法務省)

0120-007-110  (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

「いじめ」や虐待など子どもの人権問題に関する専用相談電話です。

 

女性の人権ホットライン(法務省)   

0570-070-810 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

女性の人権問題に関する専用相談電話です。

 

日本司法支援センター 「法テラス」

日本司法支援センター「法テラス」では、経済的に余裕のない方などが法的トラブルにあったときに、
無料で法律相談を行っています。

 

弁護士会の法律相談

弁護士会では、道内各地で法律相談を実施しています。

札幌弁護士会

旭川弁護士会

函館弁護士会

釧路弁護士会

 

関連サイト  

「サイバーセキュリティひろば」(北海道警察)

インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう(法務省)

SNS等による人権侵害に関する啓発コンテンツ(法務省ホームページ)

noheart_nosns.jpg

 

インターネットを悪用した人権侵害に注意!(政府広報オンライン)   

新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について
 

 

啓発資料

  「あなたは大丈夫?考えよう!インターネットと人権・三訂版」(法務省制作人権啓発教材、PDF:13MB)

  人権ポケットブック11「インターネットと人権」(公益財団法人 人権教育啓発推進センター発行)

 

 

 

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道環境生活部くらし安全局道民生活課
電話番号:011-231-4111 内線24-176
FAX番号:011-232-4820

 

カテゴリー

くらし安全局道民生活課のカテゴリ

page top