令和4年4月末現在の特殊詐欺認知状況(R4.5)

1 件数・被害額が増加

 令和4年4月末までにおける特殊詐欺の被害状況は、認知件数が89件で前年に比べ30件増加                               (+50.8%)し、被害額が約4億3,900万円で約3億900万円増加(+338.7%)しています。

2 令和4年4月中に認知した主な事件

⑴ 息子をかたる損失補てん金名目のオレオレ詐欺

 被害者(80歳代女性)は、息子を名乗る者から「契約に必要な書類を紛失した。4千万円必要だ。いくら用意できるか。」などとの詐欺電話を受け、自宅付近で息子の知人を名乗る者に、約1,100万円を手渡し、だまし取られた。

⑵ 市役所職員等をかたる還付金等名目のキャッシュカード詐欺盗被害

 被害者(80歳代女性)は、市役所職員を名乗る男Aから「還付金がある。古いキャッシュカードは使えないので、銀行員が取り換えに行く。」などとの詐欺電話を受け、口座番号と暗証番号を教えた。間もなく、銀行員を名乗る男Bが自宅に訪れ、Bが持参した封筒にキャッシュカードを入れさせられた後、被害者が目を離した隙に同封筒と外見が同一の封筒をすり替えられ盗まれた。その後、同キャッシュカードを使用されて計100万円を引き出された。

3 『ATMでの通話はしない、させない』

 昨年から発生が急増している還付金詐欺ですが、未だ継続して発生しています。
 還付金詐欺は、被害者が犯人と通話しながらATMを操作させられていますので、通話しながらATMを操作している方を見かけた際には、声掛けや警察への通報をお願いします。また、皆さん自身もATM付近での通話を控えましょう。『ATMでの通話はしない、させない』ようにしましょう。

4 被害者とならないために「♯9110」または「188」

 息子や孫など親族を名乗るオレオレ詐欺が多発しています。突然の電話でお金の話が出たら、相手が例え親族だと思っていても、一度電話を切り、警察相談電話「♯9110」か消費者ホットライン「188」にご相談ください。

カテゴリー

お問い合わせ

環境生活部くらし安全局道民生活課道民生活係(啓発・安全安心)

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-206-6148
Fax:
011-232-4820

page top