(交通)都市交通マスタープラン

【交通】総合都市交通体系調査(都市交通マスタープラン)


◇帯広圏パーソントリップ調査(交通実態調査)を実施しています

 令和4年10月から北海道が主体となり、帯広圏の1市3町(帯広市・音更町・芽室町・幕別町)を対象とした、パーソントリップ調査(交通実態調査)を実施しています。

 パーソントリップ調査(パーソン=人、トリップ=移動)とは、「どのような人が」「いつ」「どこから」「どこまで」「どのような目的で」「どのような交通手段を利用して」移動したかというような、人の1日の動きの実態を調べることにより、現在の交通実態がどのようになっているかを総合的に把握し、将来の交通計画やまちづくりに役立てていくものです。

 調査方法は、帯広圏の1市3町(帯広市・音更町・芽室町・幕別町)から無作為に抽出した世帯に調査票を郵送いたします。回答については

 1「調査票(紙)」による回答

 2「インターネット」による回答

 の2つの選択が出来ます。調査対象となりましたご家庭には随時「調査票」を郵送しておりますので、この調査の趣旨をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

帯広PT調査_ポスター縦.png

 ■詳しい内容・お問い合わせ先■

  帯広圏パーソントリップ調査実施本部

    HP: https://obihiroken-pt.jp

    電話: 0120-606-093(午前9時~午後6時まで※土曜・祝日を除く)

 

◇総合都市交通体系調査(都市交通マスタープラン)の策定

 北海道では総合都市交通体系調査を実施し、幹線道路や公共交通ネットワークといった、都市における交通体系のあり方を示す都市交通マスタープランを策定しています。

●令和4年4月策定 函館圏の都市交通マスタープラン

  本編1  本編2  本編3  本編4  本編5  本編6  本編7  本編8  本編9  概要版1  概要版2  概要版3

●平成31年4月15日策定 室蘭都市圏の都市交通マスタープラン

  本編1  本編2  本編3  本編4  概要版

 

 

◇北海道総合都市交通体系調査協議会

 北海道では都市交通マスタープランを策定するための調査、研究、及びこれに関する連絡、調整を目的として、「北海道総合都市交通体系調査協議会」を開催しています。

  協議会の概要については、下記によりご覧ください。

北海道総合都市交通体系調査協議会

 

 

 

北海道建設部まちづくり局都市計画課

カテゴリー

まちづくり局都市計画課のカテゴリ

page top