ダムの管理


ダムの管理


damkanri_fig1.gif

 

 ダムは幾多の困難を克服して建設されますが、ダム管理とは、建設されたダムの適正な運用を図ることにより、初期の目的を達成するための行為で大変重要な業務です。この管理は下記の2つに大別することができます。

1)流水の調節

 貯水池を利用し降雨による洪水調節を行う高水管理、利水補給や渇水時に流水の正常な機能の維持などを行う低水管理があります。高水管理は各種管理施設を使用し、ダムの操作に必要な情報を集め、処理し、放流の際に危険防止のために行う警報を一般に周知させる手段として重要な役割を担っています。

2)施設管理

 ダム構造物や周辺地山ならびに貯水池周辺の安全を確保し、諸施設をいつでも機能しうるような状態に保つために行う点検及び整備、維持、補修並びに改良などを行います。また、最近では建設から完成までを展示している資料館をダム管理所と併設し、一般に公開したり、水質保全のため噴水施設を設置しているダムもあります。

ダム管理の体制

 これらの管理は、日常はもとより洪水が起こりそうな時や、地震が発生した時には、夜間休日に係わらず出動し、ダム施設の操作や点検、関係機関への連絡、ダム下流のパトロールなどを実施し、流域の治水に対する安全を確保しています。

damukannri.jpg

 

カテゴリー

建設政策局維持管理防災課のカテゴリ

page top