(施行成績評定)北海道請負工事施行成績評定要領(建設部関係)

北海道請負工事施行成績評定要領の公表について

 道発注3部(建設部、農政部、水産林務部)は、公共工事における請負業者の適正な選定及び指導育成に資することを目的として、北海道請負工事施行成績評定要領等を定め、500万円を超える請負工事で評定を実施しています。 (建設部が発注する土木関係の緊急工事については、当面の間、契約金額にかかわらず評定は行いません。)
 工事施行成績評定に係る要領、要領の運用、基準及び評定結果については、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」に基づき公表しています。


 

【工事施行成績評定の改正概要】

北海道請負工事施行成績評定要領


各建設管理部が発注する土木工事における施行成績評定については、上記「評定基準」等に加え、次のような運用を試行しています。

●「工事施行成績評定基準」の一部見直しについて(平成25年1月1日以降評定工事から適用) (PDF 461KB)
・緊急・応急工事、漁港浚渫工事、取壊し工事の「品質及び出来形」に係る試行運用について
・「ばらつき判定方法」の変更について
・「創意工夫」のその他項目追加について

●「工事施行成績評定基準」の当面の運用について(平成26年1月1日以降評定工事から適用)(PDF 193KB)
・「創意工夫」・・・安全衛生関係の加算要因について
・「法令遵守」・・・法令遵守の考え方について

●「橋梁等構造物補修工事」の評定方法について(平成26年4月1日以降評定工事から適用)(PDF 38.6KB)
・「工事特性」と「創意工夫」・・・困難性等の積極的評価について

●「土木工事における技能士の活用促進について」の一部改正について(平成28年1月4日以降入札工事から適用)(PDF 190KB)
・「施工体制」・・・技能士の活用について一部改定

●「週休2日モデル工事の実施について」に伴う評価(平成30年度発注工事から適用)
・週休2日モデル工事において週休2日が確保された場合、8「その他」で加点


 

カテゴリー

page top