工事円滑化会議(試行)について


              工事円滑化会議(試行)について



 工事着手前に、受発注者が一堂に会し、現場条件、施工計画及び工事工程等について、情報共有を行うことは、工事円滑化のために重要です。
 そこで、令和2年度(2020年度)から北海道建設部では、受注者側からの要請である現場の施工効率化の一層の推進を行うため、「工事円滑化会議(試行)実施要領」を制定しました。                     

(令和2年(2020年)7月1日以降入札工事から適用)


参考資料

  1. 特記仕様書(例)(PDF形式)
  2. 取組概要(PDF形式)

 


◆「工事円滑化会議」(試行)のアンケート(令和2年度) 【現在回答受付中!】

 令和2年度の工事円滑化会議(試行)取組対象工事の効果や課題点を把握するため、現在、受発注者を対象としたアンケート調査を実施中です。皆様のご協力よろしくお願いします。
(※回答の際は、下記の各回答者用のアンケートフォームをご使用願います。)

【発注者用】工事円滑化会議(試行)の発注者用アンケート調査

【受注者用】工事円滑化会議(試行)の受注者用アンケート調査

※当アンケート調査は暗号化技術(SSL通信)を利用しています。


建設管理課(技術管理係・積算管理係)のページへ戻る

カテゴリー

page top