給与・待遇

人事異動・昇任の流れ

人事異動については、広い視野の形成や実務能力の向上を図ることなどを目的として、本人の希望や適正などを考慮しながら、およそ5年のサイクルで行われています。

昇任の流れ

勤務時間・休暇・休業制度

一般職員の場合、月曜日から金曜日まで、午前8時45分から途中1時間の休憩をはさんで午後5時30分まで、1週38時間45分(週休2日制)となっています。土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)は休日です。

主な休暇制度等
項目 概要
年次有給休暇 1年間で20日
※翌年に20日を限度として繰越可能
採用年は月割で計算(4月1日付けで採用された場合は15日)
夏季休暇 7月から9月までの間に3日以内 
ボランティア休暇 1年につき5日以内
結婚休暇 連続する5日以内

上記の休暇の他に、病気休暇、忌引休暇などがあります。

研修制度

将来を担う人材の育成に取り組んでいます!!
日々の業務だけでなく、職場外研修、職場研修、自己啓発など様々な研修を実施し、人材育成に取り組んでいます。

職場外研修

主な研修
研修 概要
新規採用職員研修 道職員として必要な公務員倫理、コミュニケーション、文書管理、会計制度など、基礎的な知識・実務等を学びます(知事部局や教育委員会は1週間程度、警察は札幌市にある警察学校で1ヶ月間)。 
階層別研修 新採用職員研修のほか、新任主任級研修や新任主査級研修等職責に応じた職務遂行に必要な知識、技能を習得するための研修です。
能力開発研修 政策形成基礎講座、短期企業等体験研修など、行政経営、政策の企画立案等に必要な能力の向上や意識啓発を図るための研修です。 
各部研修 税務新任職員研修、農業土木技術職員新任研修、建設部技術職員研修など、業務に必要な専門的知識や技能を習得するための研修です。
企業等・大学院派遣研修 高度の専門的知識や技能を養成するため、国、他の地方公共団体、大学院、民間企業などに派遣して行う研修です。

 

職場研修

職場ごとのOJT計画に基づいて、日常教務の様々な機会でアドバイス・指導を行います。

自己啓発

自ら目標を立てて、自主的・自発的に学習する職員等を支援する制度があります。

この他にも、様々な研修を行っています。

福利厚生等

職員が心身ともに健康で元気に働くことができるように、年1回定期健康診断を行うほか、医師や保健師による保健指導・健康相談などを実施しています。
このほか、共済組合では、職員とその家族の病気、負傷、出産、死亡、休業等に対して必要な給付を行う健康保険事業や健康増進事業、また、将来受給することとなる年金の業務などを行っており、職員互助会では、会員とその家族に対する医療見舞金、弔慰金、結婚祝金などの給付、貸付事業及び保険事業などを行っています。

職員住宅

道内各地に世帯用や単身用の職員住宅が整備されており、希望に応じて入居が可能です。
世帯用は、ご家族等と一緒に入居する方や、独身の方で単身用に入居できない方(単身用の職員住宅がない地域に配属となる方など)が入居することができます。
単身用は、札幌市と稚内市がアパートタイプ(男女とも入居可能)で、その他の各(総合)振興局所在地等は賄い付きの寮(男性のみ入居可能)となっています。

給与

給与等
項目 概要
初任給 初任給は、採用前の学歴や経歴等を考慮の上、決定されます。
A区分(大学新卒)の初任給 187,666円
B区分(高校新卒)の初任給 155,118円
※この額は、札幌市内に勤務する場合の例です。地域手当の支給されない
地域に勤務する場合は、A区分182,200円、B区分150,600円です。
昇給 通常の場合、年1回昇給します。
諸手当 それぞれの支給条件に応じて支給されます。
・期末・勤勉手当・・・1年間に給料等の約4.30月分
・通勤手当・・・運賃等相当額(1箇月当たり最高55,000円)等
・住居手当・・・賃貸アパート等に住んでいる者等に、月額最高28,000円
・扶養手当・・・扶養親族のある者に支給。子1人月額10,000円等
・単身赴任手当・・・距離等の要件に応じて、月額30,000円~
・寒冷地手当・・・地域の区分等に応じ11~3月に、月額23,080円等

 

※金額は、令和3年(2021年)4月1日に採用される職員の例です。
※初任給等は、変更される場合があります。

カテゴリー

任用課のカテゴリ

page top