ひきこもり支援について

ひきこもり支援について

〇ひきこもりとは

 ひきこもりとは、様々な要因の結果として社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家庭外での交遊など)を回避し、6ヶ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)状態をさします。

 ひきこもりが長引くと、孤独感や無力感が高まり、さらには強い不安も生じてくるため、そこからの脱出が難しくなります。ひきこもりのご本人は、自信を失い、自分を責めたり、将来への不安と焦りで身動きがとれなくなっていることが多く、次のような行動・症状が伴う場合もあります。

 そのため、ひきこもりがある程度長期化し、回復のきっかけが見つからない場合は、ひとりで悩んだり、家族の力だけで何とかしなければと考えず、専門の相談機関に相談することも必要です。

 ひきこもりの背景は様々で、それによってアプローチの方法も異なります。まずはご本人とご家族が一歩を踏み出すことから始めましょう。

hikikomori.png

〇相談窓口

北海道ひきこもり成年相談センター((公財)北海道精神保健推進協会)

キャプション
   相談方法             連絡先・相談時間等 
   電話相談

011-863-8733(相談専用)

月~金 9:00~12:30、13:00~16:00

   来所相談

 月~金 9:00~17:00(予約制)

  メール相談

 http://www.kokoro-recovery.org/

※返信には10日ほどかかる場合があります。

〇ひきこもり支援状況等調査結果

〉調査結果はこちら

カテゴリー

福祉局障がい者保健福祉課のカテゴリ

page top