北海道の喫煙の状況


北海道の喫煙の状況


 成人の喫煙率については、厚生労働省が実施している国民生活基礎調査(※)によると、全国平均及び北海道ともに減少傾向にありますが、北海道は男女ともに全国平均よりも高い状況にあります。

 北海道の喫煙率は、令和元年の調査では、総数及び女性は全国一高い状況ですが、平成28年調査と比較すると、総数は全国▲1.5%に対し、北海道は▲2.1%、女性は全国▲0.7%に対し、北海道は▲1.2%と全国的に見て減少しています。

 また、男性は、平成28年調査と比較すると、全国▲2.3%に対し、北海道は▲2.9%と全国的に見て減少しており、平成28年調査時の全国第4位から第9位へと順位を下げています。

zenkokutohokkaidonoseijinkituenritunosuii.png

※ 国民生活基礎調査は,厚生労働省が昭和61年から厚生労働行政に必要な基礎資料を得るために実施しているものです。喫煙率の調査は3年ごとに実施しています。

 

カテゴリー

page top