歯の健康づくりデータバンク

 歯の健康は、食事を味わうことや会話を楽しむことなど、健やかで社会性のある生活を送る上で、重要な役割を果たしており、生活習慣病として広く蔓延している歯科疾患は、道民の生活の質(QOL)を低下させる要因となっています。
 このページでは、北海道の歯の健康づくりを推進するための基礎資料として、道における「むし歯」や「歯周病」などの歯・口腔に関するデータや、保健所などにおける歯科保健事業の実施状況などを「歯の健康づくりデータバンク」として公開しています。

北海道における歯科保健の状況

平成28年道民歯科保健実態調査の結果

 集計表のエクセルファイルは、北海道オープンデータポータルで公開しています。

(平成25~27年度(2013~2015年度)及び平成29~令和2年度(2017~2020年度))
※平成28年度(2016年度)は「道民歯科保健実態調査」として小児も含めて実施しています。

 「道民歯科保健実態調査結果」及び「成人歯科保健に係る道民歯科保健実態調査集計結果」は、オープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。
 また、北海道のオープンデータは、「北海道オープンデータポータル」にも登録していますのでご覧ください。

市町村における歯科保健対策実施状況

 平成27~令和2年度(2015~2020年度)のデータは、北海道オープンデータポータルで公開しています。

北海道における歯科保健対策の概要

北海道における歯科医療従事者の状況

 令和3年(2021年)9月1日現在(札幌市、旭川市、函館市、小樽市を除く。)
 歯科技工士法第21条により、歯科技工所を開設した者は10日以内に届け出ることが定められています。

 「歯科技工所開設届出一覧」はオープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。
 また、北海道のオープンデータは、「
北海道オープンデータポータル」にも登録していますのでご覧ください。

カテゴリー

健康安全局地域保健課のカテゴリ

page top