小児(5歳から11歳)への接種についてのお知らせ

小児への接種についてのお知らせ

小児接種チラシ(保護者向け).jpg

5歳から11歳のお子様も新型コロナワクチン接種を無料で受けることができます。
また、3回目接種まで受けることができるようになりました。

保護者の皆様におかれましては、十分な理解の下で、お子様とご相談の上、接種を検討いただきますようお願いします。
また、子どもの感染者数の増加とともに、重症者数も増加傾向にあります。初回接種(1・2回目接種)後、時間経過とともに発症予防効果が低下しますが、追加接種(3回目接種)を行うことにより効果が回復すると報告されています。
接種時期を迎えたお子様については、お子様とご相談の上、3回目接種をご検討ください。
小児への接種は強制されるものではなく、保護者の同意なく接種が行われることはありません。

※5~11歳用のワクチンがオミクロン株流行下でも有効であるとの最新情報を踏まえ、5歳から11歳のお子様にワクチンを受けていただけるよう、ご本人とその保護者の方に努めていただくことになりました。これは皆さまに接種にご協力いただきたいという趣旨によるものであり、接種を強制するものではありません。
 詳しくは厚生労働省のホームページQ&Aをご覧ください。

小児接種の基本情報

接種が受けられる時期

接種を行う期間は令和5年3月31日までです。
接種日程は市町村ごとに決められていますので、市町村からの広報などをご確認ください。

接種の対象

新型コロナワクチンの小児接種の対象は、原則、日本国内に住民登録のある5~11歳の方です。(国籍は問いません。)

国では、特に、慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有する方に接種を勧めています。
接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等とよく相談してください。

(※)日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。

接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢

【初回(1、2回目)接種】
 ワクチン:ファイザー社の小児用ワクチン(成分量は12歳以上のワクチンの3分の1)
 接種回数:2回
 1回目と2回目の接種間隔:通常3週間
  ※1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。
   できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

【追加(3回目)接種】
 ワクチン:ファイザー社の小児用ワクチン(成分量は12歳以上のワクチンの3分の1)
 接種回数:1回
 接種間隔:2回目接種後5か月以上

〔他のワクチンとの接種間隔〕
 ▸インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます。
 ▸前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

接種対象年齢

【初回(1、2回目)接種】
 1回目の接種日に5~11歳
  ※初回(1、2回目)接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。
   1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合は、
   2回目接種も1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

【追加(3回目)接種】
 3回目の接種日に5~11歳

接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

接種が受けられる場所

医療機関や接種会場は、各市町村からの案内文書、ホームページや広報、接種総合サイト「コロナワクチンナビ」などでご確認ください。

広報資料

お子様向けリーフレット

保護者向けリーフレット

厚生労働省リーフレット(小児3回目) (JPG 72.7KB)

厚生労働省リーフレット(2022年2月)

接種についての説明書

接種についての説明書 追加(3回目)接種用

接種後の注意点

カテゴリー

感染症対策局感染症対策課のカテゴリ

お問い合わせ

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-231-4111

page top