新型コロナウイルスワクチンの異物混入疑いについて

 令和3年8月31日、神奈川県の集団接種会場において、異物混入が疑われるモデルナ社製ワクチン(1バイアル)が確認された旨の県の発表がありました。
 道内でも集団接種会場及び職域接種会場において、同一ロット番号(3005286)のワクチンが納品されていることを確認しており、北海道ワクチン接種センターにも納品されています。

<厚生労働省からの連絡>
 上記ロット番号のワクチンに関し、厚生労働省からは、各接種会場においては、接種を継続することは問題なく、引き続き使用前にバイアルに変色、異物の混入その他の異常がないかを目視で確認し、異常を認めたものは使用しないよう連絡がありました。

<北海道ワクチン接種センターの対応>
 道の接種センターにおける異物等混入の確認にあたっては、従前より、薬液充填のためのバイアル穿孔前(瓶に注射針を刺す前)に確認するとともに、シリンジ(注射筒)への充填後については、他の薬剤師による目視による確認を行い、さらに、接種前には看護師による確認を重層的に実施しており、引き続き点検を徹底した上で使用してまいります。

カテゴリー

感染症対策局感染症対策課のカテゴリ

お問い合わせ

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-231-4111

page top