妊娠中の方への新型コロナワクチンの接種について

妊娠中の方への新型コロナワクチンの接種について

 妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は重症化しやすく、早産のリスクも高まるとされており、関係学会から、あらためて妊婦等への新型コロナワクチン接種に関する呼びかけがなされています。
 日本で承認されている新型コロナワクチンが、妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。
 妊娠中の方や配偶者等が希望する場合には、できるだけ早期かつ円滑に新型コロナワクチンの接種が受けられるように、特段の配慮がなされるよう各市町村に周知していますので、接種を希望される方はお住まいの市町村にご相談ください。

【参考】

○新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)について(第2報)
(日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会)

○リーフレット「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策~妊婦の方々へ~」
(厚生労働省「妊産婦や乳幼児に向けた新型コロナウイルス対応関連情報」に掲載)

○厚生労働省新型コロナワクチンQ&A
・私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか。

カテゴリー

感染症対策局感染症対策課のカテゴリ

page top