ツブ貝による食中毒について

北海道では、ヒメエゾボラを代表とするエゾバイ科の巻き貝を「ツブ」と呼んで、広く食べていますが、その巻き貝の唾液線にはテトラミンという物質が含まれ、これを除去せずに食べると、頭痛、めまい、吐き気、などの食中毒症状を引き起こすことがあります。

この唾液腺の除去について、食品等事業者は購入者によく説明すること、消費者等は調理する際にはきちんと除去することが重要です。

詳細については、道立衛生研究所のホームページ「ツブガイの中毒」を参考にしてください。

カテゴリー

page top