トコジラミについて ~宿泊施設等の営業者の皆様へ~

トコジラミが宿泊施設等に持ち込まれた場合、施設内に広がり、宿泊者等に被害を及ぼす可能性があります。
発見時には、正しい知識を持って、迅速で適切な対応をしましょう。

トコジラミの特徴

                
        ※ 写真提供:北海道立衛生研究所
          北海道立衛生研究所HP トコジラミの動画はこちらから 

【特徴】
◎大きさ
   ・成虫:5~8mm(スイカの種程度) 卵:1.2mm 孵化した幼虫(初齢幼虫):1.3mm  

◎生態
 ・卵から成虫へは約40日間で成長し、成虫の寿命は36~170日、長いもので1年以上も生存します。
 ・雌の成虫は1日に1~6個産卵し、産卵期間は3ヶ月以上に及びます。
 ・トコジラミの栄養は血液のみで、幼虫、成虫(オスもメスも)すべてが吸血します。
 ・羽がなく飛べないため、人や物に潜んで、生息場所を広げます。

◎被害
 ・トコジラミに吸血されると、吸血後に皮膚にかゆみを生じます。
  人によって反応が違うため、吸血されてから数日後に症状を呈する場合もあります。

トコジラミの生息場所

【潜み場所や痕跡】
◎ トコジラミは狭く暗い場所を好み、潜む!
 ・「ベッドマット」「柱や天井」「テレビ等の電化製品」「壁の掲示物」の裏や中に潜んでいます。
 ・「キャリーケースのタイヤ部分」や「シーツ」などに忍んで、部屋から部屋へと広がります。 

◎ 生息の目印は”血糞”
  トコジラミは吸血のあとに、赤黒い糞を潜み場所に戻る途中にします。
  血糞を目印に、トコジラミの生息状況が確認できます。