出産へ向けて、産後のこと|妊娠から出産までのAtoZ

 

 

出産へ向けて、産後のこと|妊娠から出産までのAtoZ


 


ttl_2nd.gif
navi01.gif navi02.gif navi03.gif
 
menu01_off.gif menu02_off.gif menu03_off.gif menu04_off.gif menu05_off.gif
menu_anc_arrow.gif        
menu_anc_AtoZ100.gif
menu_anc_AtoZ101.gif
menu_anc_AtoZ102.gif
menu_anc_AtoZ103.gif
menu_anc_AtoZ104.gif
menu_anc_AtoZ105.gif
menu_anc_AtoZ106.gif
menu_anc_AtoZ107.gif
menu_anc_AtoZ108.gif
menu_anc_AtoZ200.gif
menu_anc_AtoZ201.gif
menu_anc_AtoZ202.gif menu_anc_AtoZ207.gif
menu_anc_AtoZ203.gif menu_anc_AtoZ208.gif
menu_anc_AtoZ204.gif menu_anc_AtoZ209.gif
menu_anc_AtoZ205.gif menu_anc_AtoZ210.gif
menu_anc_AtoZ206.gif menu_anc_AtoZ211.gif
ttl_AtoZ201.gif

多くの自治体では、妊娠中の生活や体の変化のほか、出産の準備、赤ちゃんのお風呂の入れ方など育児について学ぶ「母親教室」を行っています。出産に関する心構えができるだけでなく、近い時期に出産を控えた仲間作りができる場でもありますので、ぜひ参加して見ましょう。また、夜間や土曜日を利用して父親も参加できる「父親教室」「両親教室」があったり、働きながらの出産を目指す人のための「ワーキングマタニティー教室」があることも。各市区町村の担当窓口(保健課、福祉課、子育て課など)に問い合わせてみましょう。母子手帳交付時に提出した妊娠届出書の情報から、案内を送る自治体もあります。通常は無料か、テキスト代実費程度です。

hagukumukun04.png

 

 

ttl_AtoZ202.gif

働きながら出産、育児を目指すママが多くなっています。法律で保障されたさまざまな制度がありますので、利用しましょう。なお、事業主が妊娠・出産・産休取得等を理由に解雇したり不利益な扱いをすることは禁止されています。困った時には北海道労働局雇用均等室(TEL.011-709-2715)にご相談ください。

 
 lm01.gif 関連情報リンク
 lm04.gif 厚生労働省/雇用機会均等について
 lm04.gif 厚生労働省/育児・介護休業法について
 lm04.gif 厚生労働省北海道労働局/不妊治療と仕事の両立について

 

 

 

ttl_AtoZ203.gif

妊娠8カ月ごろから、少しずつ出産の準備を始めましょう。なお、里帰り出産をする人は、主治医・受け入れ先の病院・助産所とも相談の上、32~34週目ごろを目安に転院します。

lm02.gif 入院時の持ち物
入院に必要なものは病院・助産所によって異なります。用意してもらえるもの、自分で用意するものを確かめて、必要な持ち物をそろえ、カバンに詰めておきましょう。

 
lm02.gif 入院先までの交通手段など
いざという時にあわてないよう、さまざまなケースを想定して計画を立ててください。入院先(通常・夜間)、パパの職場、実家、タクシー会社などの電話番号を一覧表にして見やすいところに貼っておくとよいでしょう。また、病院の夜間入り口や時間外受付の方法なども調べておくと安心です。なお、通常の出産での入院に救急車は呼べません。

 
lm01.gif 関連情報リンク
lm04.gif 北海道赤十字血液センター(日本赤十字社)/さい帯血バンクについて
   
lm04.gif北海道赤十字血液センター(日本赤十字社)/さい帯血提供のお願いについて

 

 

 

 

 

ttl_AtoZ204.gif

ベビー用品の準備は最低限にして、産後、必要になってから買い足すようにしていくと失敗がありません。先輩ママの話を聞いて参考にする場合は「季節の違い」に要注意。使う時期が限られるため、ベビーベッドやベビーカーなどの大物はお下がりやリサイクルショップ、レンタルなどの利用を検討してみてもよいでしょう。

 

 

 

 

ttl_AtoZ205.gif

いよいよ迎える出産。個人差はありますが、経膣出産の場合には一般にこのように進行します。

lm02.gif 兆候
出産が近づくと、子宮が収縮しやすくなったり胎児の位置が下がるため、このような兆候が表れます…下腹部の張り、胃の圧迫感がなくなる、頻尿、腿の付け根の張り、おりものの増加、胎動の減少。

 
lm02.gif 入院のタイミング
いよいよ本格的にお産が始まる前には「陣痛開始」「おしるし(血の混じったおりもの)」「破水」が見られます(ない場合もあります)。病院に連絡し、入院の相談をしてください。

 
lm02.gif 陣痛
最初は20~30分くらいの間隔で10~20秒程度の痛みだったのが、次第に間隔が短くなり、痛い時間が長くなっていきます。10分間隔程度の規則的な痛みになった時が「陣痛開始」です。陣痛の合間はリラックスして過ごしましょう。必ずしもベッドに横になっている必要はなく、自分が楽な姿勢がベストです。

 
lm02.gif 分娩
子宮口が全開になると、分娩台でいきみに入ります。上手にいきめず混乱する人もいますが、時間的には比較的短く初めての出産でも2~3時間程度です。あごを引き、医師や助産師のアドバイスを聞きながら落ち着いていきみましょう。赤ちゃんの頭が出ると、医師・助産師からいきみをやめるよう指示があります。指示に従って、浅く速い呼吸に切り替えましょう。

 
lm02.gif 後産
赤ちゃんが外に出ると、医師・助産師が赤ちゃんの口や鼻にたまった羊水を吸い取ったり体を拭いたりします。その間に子宮が収縮して中に残っていた胎盤を押し出し、後産期陣痛という軽い痛みを覚えることがあります。
 
ttl_AtoZ206.gif

病院にもよりますが、出産当日、赤ちゃんは新生児室で経過を見て、ママも疲労を回復するために休養を取るケースが多いようです。母子同室の病院では出産後2~3日目からママと赤ちゃんが同室で過ごし、助産師の指導を受けながら、授乳、オムツ交換、沐浴などのお世話をするようになります。体調が悪い時、夜眠れなくてつらい時などは、遠慮をせずにスタッフに相談し、赤ちゃんを新生児室に引き取ってもらって体力回復に努めましょう。なお、出産後のママは子宮・悪露の状態、体温、脈拍、排便数などをチェックされ、必要な処置を受けます。シャワーの許可は出産の翌日からという病院が多いようです。母乳マッサージや産褥体操もスタートします。会陰切開の抜糸も入院中に行いますが、抜糸の必要がない溶ける糸を使用する場合もあります。退院後、家に帰ってからの家事はできる限り家族や周りの人に手伝ってもらい、ママは赤ちゃんのお世話に集中したいもの。退院後3週間くらいたったら無理をしない程度に少しずつ家事を始め、4週目くらいから元の生活に戻れるようにしていくとよいでしょう。

hagukumukun05.png
 
ttl_AtoZ207.gif

出産後、退院までのおおむね生後1週間以内に赤ちゃんが受ける検診です。心音や呼吸音等の先天性異常、反射、姿勢、ミルクの飲み具合、新生児黄疸のチェックなどを行います。

 
ttl_AtoZ208.gif

出産後はさまざまな手続きが必要です。期限が決まっているものもありますが、事前に準備をしておけばあわてなくてすみます。

lm02.gif 出生届
生まれた日から14日以内に、各市区町村の担当窓口(戸籍課など)へ。役場以外に出張所でも受け付けてくれる自治体もあります。印鑑、母子手帳、出生証明書が必要です。 母子手帳に「出産連絡票」がついている場合には、こちらも規定の方法で提出してください。

 
lm02.gif 健康保険の手続き
国民健康保険の場合は、生まれた日から14日以内に各市区町村の担当窓口(保険課、保険年金課など)へ。家族の健康保険証 、母子健康手帳、納付通知書、世帯主の預金口座番号の分かるもの、印鑑が必要です。その他の保険の場合は、勤務先・社会保険事務所・健康保健組合に問い合せてください。

 
lm02.gif その他
子どもの医療費助成や子ども手当など、市町村ごとにさまざまな子育て支援の制度があります。それぞれ内容や申請方法が異なりますので、市町村の担当窓口(保健課、福祉課、子育て課など)にお問い合わせください。母子手帳に詳しく記載されている場合もあります。
 
hagukumukun06.png
 
ttl_AtoZ209.gif

出産後1カ月たつと、赤ちゃんの成長をみる「一カ月児検診」とママの体の回復を見る「産後一カ月検診」が行われます。通常は出産した病院で、2つの検診を同じ日に行う場合が多いようです。問診でママと赤ちゃんの生活リズムを確認するほか、赤ちゃんについては全身状態、黄疸、心臓の動き、大泉門の開き具合、股関節脱臼、斜視、ヘルニアなどの確認を行います。

 
ttl_AtoZ210.gif

保健センターや保健所の保健師が乳児のいる家庭を訪問し、個別に子育ての不安や悩みを聞き、必要な情報提供をしてくれるサービスです。赤ちゃんの体重測定、授乳や発育・発達などの育児相談、ママの体や産後の生活などの相談などを行います。厚生労働省の「乳児家庭全戸訪問事業ガイドライン」では、原則として生後4か月までのすべての乳児のいる家庭が対象となっています。

lm01.gif 関連情報リンク
lm04.gif 厚生労働省/乳児家庭全戸訪問事業ガイドライン
 
ttl_AtoZ211.gif

予防接種とは、病原体の毒を弱めたりなくした「ワクチン」を体に取り入れることで、病気への免疫をつけるもの。赤ちゃん時代に受けることが推奨されている予防接種は「ポリオ」「麻疹」「風疹」「BCG」「百日ぜき」「ジフテリア」「破傷風」など、さまざまな種類があります。定期接種ではそれぞれに接種時期が決まっていて、スケジュールを立てるのも簡単ではありません。
こちらの表を参考に、かかりつけ医や保健センター、保健所などで相談してみるとよいでしょう。

lm01.gif 関連情報リンク
lm04.gif 公益財団法人 母子衛生研究会/赤ちゃん&子育てインフォ/予防接種と感染症
 
pageprev.gif bg_bottom2.gif
 
bg_bottom.gif pagetop.gif
 
北海道保健福祉部子ども未来推進局
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL 011-231-4111(代表) 内線 25-761
FAX 011-232-4240
e-mail:Hofuku.kodomo1@pref.hokkaido.lg.jp
logo_hokkaido.gif logo_kodomomirai.gif

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課子育て支援係(医療・母子保健)

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-206-6343
Fax:
011-232-4240

page top