エイズ検査(HIV検査)目的の献血は絶対に止めてください

輸血を受ける方の安全確保のために

エイズウイルスの感染初期には、最も鋭敏な検査方法を用いても検出できない期間があります。
6か月以内に次のいずれかに該当することがある場合、献血をご遠慮いただいています。

  1. 不特定の異性または新たな異性との性的接触があった。
  2. 男性同士の性的接触があった。
  3. 麻薬、覚醒剤を使用した。
  4. エイズ検査(HIV検査)の結果が陽性だった(6か月以前も含む)。
  5. 上記1~4に該当する人と性的接触をもった。

「エイズ検査目的での献血」は、善意で成り立つ献血の信頼性を脅かすもので、あってはならない行為です。
献血いただいた血液は、輸血製剤の安全性を確保するため、HIV(エイズ)検査を行っていますが、献血をされた方にはHIV(エイズ)検査の結果はお知らせしていません。
エイズ検査(HIV検査)目的の献血は絶対に止めてください。

HIV相談・検査

各道立保健所では、検査や保健師による相談対応を行っています。
詳しくは、次のページをご覧ください。

関係リンク

カテゴリー

お問い合わせ

保健福祉部地域医療推進局医務薬務課薬務係・薬物対策係

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-204-5265
Fax:
011-232-4108

page top