北海道災害ボランティアセンター運営事業

北海道災害ボランティアセンター運営事業費補助金

事業の目的

災害発生時のボランティア活動が迅速かつ円滑に展開されるよう、北海道災害ボランティアセンターにおいて、平常時から、災害ボランティアに係る関係機関等の連携体制の構築や、災害ボランティア活動をコーディネートする人材の育成等を行い、道内の被災者支援体制の充実強化を図る。

事業概要

北海道社会福祉協議会は、平成28年夏の大雨災害での復旧対応を踏まえ、地域での災害時のボランティア活動をより円滑に進められるよう、道の支援のもと、平成29年4月「北海道災害ボランティアセンター」を開設しました。

平常時には、万一に備えて市町村の災害ボランティアセンターの設置・運営マニュアルを作成・普及するほか、災害ボランティアネットワーク会議を定期的に開き、支援団体等と顔の見える関係づくりを進めます。また、災害ボランティアコーディネーターの養成研修や、初期支援チーム研修会を開催するなど、被災地での活動を担う人材を養成します。

こうした平常時の取り組みをもとに、災害時には初期支援チームを現地に派遣して支援や情報収集を行い、被災地の要望に合ったボランティアの調整を行います。

※事業詳細は下記ページをご覧ください。 

カテゴリー

福祉局地域福祉課のカテゴリ

page top