地域看護学科のページ

保健師とは

保健師は多くが市町村や保健所に勤務しており、地域を受け持って活動しています。
保健師は、家庭訪問、健康診査、健康教育など直接人々に関わる仕事を積み重ねながら地域の全ての人々が健康に暮らせるような、仕組み作りも行う、いわば健康のサポート役です。
保健師は、すべてのライフサイクル、すべての健康段階の人々を対象に、地域で活動するための知識と技術を持った看護職です。

教育内容

教育理念

本学院は、人間の存在と生命を尊重し、人間理解を追求するとともに豊かな人間性を追求し、豊かな人間性を養い、看護専門職者として北海道の保健医療福祉に貢献する人材を育成することを目指す。
公衆衛生看護は、あらゆる健康レベル・発達段階にある個人、家族、集団、組織、地域を対象とし、人々が健康及びQOLの向上を図ることができる状態を創造する看護活動である。公衆衛生看護の専門職である保健師には、人々が地域に存在するさまざまな健康課題への対処力を向上させ、健康の保持・増進が図られるように支援する能力が求められている。
したがって、当学科では、高い倫理観を持ち、公衆衛生看護を探求していく姿勢を備え、主体的に学習し、社会の変化に対応し、地域に貢献できる公衆衛生看護の実践者を育成する。

教育目的

保健師として必要な専門知識・技術及び態度を身につけ、人々の健康QOLの維持・向上に貢献できる講習衛生看護の実践者を育成する。

教育目標

  1. 地域の人々が健康課題を認識し、主体的に健康の保持・増進、予防行動がとれるよう支援する能力を養う。
  2. 地域で顕在・潜在化している健康課題を明らかにし、計画-実践-評価-調整・改善する一連の過程を推進する能力を養う。
  3. 地域保健活動を行う機関・職種を理解し、地域住民、関係機関、他職種と連携・協働し、組織的に健康課題を解決する能力を養う。
  4. 社会や施策の変化を捉え、地域の健康課題解決に向けた社会資源の開発や施策化、システム化に参画する能力を養う。
  5. 保健師としての責任会、倫理観を身につけ、公衆衛生看護を科学的論理的に探求し、主体的・継続的に学び、実践の質を向上させる能力を養う。

教育課程

北海道で唯一の道立保健師養成所

旭川高等看護学院は北海道で唯一の道立保健師養成所です。
様々な専門分野の先生方が保健師の養成に力を注いでくださっています。
全道各地で活躍されている保健師の先輩が講義に来てくださっており、先進の実践事例及びモデルとなる保健師の活動が学べます。

国家試験合格率100%

10年以上、国家試験合格率100%です。

学習風景の写真

保健師国家試験合格率の表

就職率100%

保健師の就職を希望する人は100%保健師として就職しています。
保健師の就職先は、都道府県保健所、市町村役場、保健センターなどです。
また、就職に関する相談や就職セミナーの開催も行っております。

就職説明風景の写真

保健師の主な勤務先

  • 都道府県保健所
  • 市町村(役場・保健センターなど)

就職活動

毎年、道内70~90の自治体(北海道、各市町村)から140前後の求人募集があります。
地域看護学科では、年に5回程度、道内の市町村担当者が学生に就職に関する説明を行う機会を設けているので、就職前に市町村の情報などを直接聞くことができます。
また、道立保健所や市町村のインターシップに参加することができ、実際に保健師としてその職場で働くイメージが具体的になり就職先を選択する際に役立ちます。

充実した演習・実習により身につく実践力

少人数制できめ細やかな指導体制で学習できます。
個別支援、集団への支援、さらに地域への支援と段階を追って保健師に必要な技術を確実に学ぶことができます。

技術チェック風景の写真

卒業後の資格

  • 保健師国家試験の受験資格
  • 保健師資格取得後、第一種衛生管理者免許の申請資格

学校生活について

カテゴリー

旭川高等看護学院のカテゴリ

page top