助産学科のページ

助産師とは

保健師助産師看護師法では、「厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子という」とあります。
助産師の語源は、”Midwife=with women”で英語ではともにいる人の意味をもつ名称で呼ばれています。日本では、かつては”取り上げ婆”、”産婆”とも呼ばれ、「出産をする人の付き添い人」をその出発点としています。
助産師とは、広く母子及び家族の健康と福祉を促進することを目的とし、健康生活上の援助を行う専門職です。看護職の中では、唯一開業権をもっています。

教育内容

教育目的

助産師として必要な専門知識・技術・態度を習得し、対象のニーズや社会の要請に応じた活動ができ、ひいては地域社会の人々の健康に貢献できる実践者を育成する。

教育目標

  1. 助産師としての倫理観を身につけ、生命・人間としての尊厳と権利を尊重する態度を養う。
  2. 妊娠・分娩・産褥が安全に経過し、正常経過と正常からの逸脱を診断し援助できる能力を養う。
  3. 女性のライフサイクル各期のリプロダクティブ・ヘルス/ライツの増進を図るため、相談・教育・支援ができる基礎的能力を養う。
  4. 子育て支援についての助産師の役割を理解し、地域社会で母子を支援できる能力を養う。
  5. 母子保健・医療・福祉システムの中で社会に期待される助産師の役割を認識し、助産チームおよび他職種との連携・協働できる能力を養う。
  6. 助産の専門性を認識し、常に助産実践能力の向上を目指して自己研鑽する姿勢を養う。

教育課程

準備中

卒業後の資格・進路

卒業後の資格

  • 助産師国家試験の受験資格
  • 受胎調節実地指導員認定の資格申請

卒業後の進路

卒業生の就職状況と助産師国家試験合格率
就職地区 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
道北 上川中部 4人 2人 1人 3人 1人
上川北部 1人 1人   1人  
宗谷 1人   1人    
道南 北渡島檜山   1人      
道央 札幌   3人 1人   1人
後志       1人  
南空知       1人  
中空知         1人
西胆振 2人   1人   1人
東胆振 1人   1人 2人  
オホーツク 北網   1人 1人 1人  
十勝 十勝   2人 2人 2人 1人
釧路・根室 釧路   1人   1人  
道外 1人        
合計 10人 11人 8人 12人 5人
国家試験合格率 90% 100% 100% 100% 100%

 

学校生活について

カテゴリー

旭川高等看護学院のカテゴリ

page top