看護学科のページ

看護師とは

看護師は、人々の健康を維持・増進する保健・医療・福祉チームにおける主力メンバーとして、健康な人から病気や障害をもちながら生活している個人や家族・地域、職場などを対象とし、看護ケアを提供するために幅広く多面的な活動をしています。

看護師の種類

  • 看護師 「保健師助産師看護師法・第五条」において、厚生労働大臣の免許を受けて「傷病者若しくは、じょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者」とされています。
  • 認定看護師 600時間以上の必要な教育課程を修了し、ある特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有することを認められた看護師です。
  • 専門看護師 看護系の大学院で修士課程を修了して必要な単位を取得した後に審査に合格し、卓越した看護実践能力を有することを認められた者をいいます。

認定看護師・専門看護師、共に通算5年以上の実務経験が必要です。

看護職の活躍の場

  • 病院・診療所
  • 学校の保健室
  • 訪問看護ステーション
  • 介護老人保健施設・介護老人福祉施設
  • 助産院
  • 企業の健康管理室
  • 海外での看護活動
  • 企業・団体の研究所
  • 看護の教育機関

教育内容

教育理念

北海道立旭川高等看護学院看護学科は、人間の存在と生命を尊重し、人間理解を追求するとともに豊かな人間性を養い、看護専門職者として北海道の保健・医療・福祉に貢献する人材を育成することを目指す。
看護は人間の健康がより良好になるように生活を整える援助過程であり、あらゆる健康レベルの個人及び家族と集団を援助する社会的活動である。
科学的思考力、論理的価値観及び看護の基礎的知識・技術を修得し、安全で質の高い看護実践能力を身につけ、広い視野で社会の変化をとらえ、積極的に社会に貢献する看護専門職者を育成する。

教育目標

  1. 人間を統合的にとらえ、多様な価値観を持ち互いに支え合い成長していく存在として理解し、人間の存在や生命を尊重する態度を養う。
  2. 科学的・倫理的・批判的思考力と倫理観を身につけ、健康上の課題を査定し、対象に応じた安全で質の高い看護を実践する能力を養う。
  3. 広い視野で社会の変化をとらえ、保健・医療・福祉制度のもとで他職種と連携・協力し、専門職として独自の役割と責任を果たす能力を養う。
  4. 4.看護専門職として、看護の発展のために主体的に学習する能力、研究的姿勢を養う。

教育課程

卒業後の資格・進路

学校生活の紹介

カテゴリー

旭川高等看護学院のカテゴリ

page top