スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 情報統計局統計課 >  社会生活基本調査


最終更新日:2017年9月19日(火)

社会生活基本調査

項目 詳細
所管府省名及び調査関係リンク 外部リンク アイコン:外部リンクです。新しいウィンドウで開きます。総務省統計局社会生活基本調査
調査の目的 国民の生活時間の配分及び自由時間における主な活動を調査し、国民の社会生活の実態を明らかにして、各種行政施策の基礎資料を得る。
調査単位 世帯
調査範囲 平成22年国勢調査区のうちから抽出された指定調査区内世帯及び10歳以上の世帯員
対象市町村 30市、38町、3村
最新の調査期日 平成28年10月20日(ただし、生活時間については、平成28年10月15日から23日までの9日間のうちから、調査区ごとに総務大臣が定める2日間)
調査周期 5年ごとの、昭和51年は10月17日から23日のうちの1日、昭和56年から平成8年は10月1日、平成13年からは10月20日現在
主要調査事項 ・調査票A…1日の生活時間配分(行動を所定の選択肢に沿って記入する方式)、過去1年間の自由時間における主な活動
・調査票B…1日の生活時間配分(回答者が自由に詳細な活動を記入する方式)
主要集計事項 1 1日の生活行動別平均時間、時間帯別の生活行動の状況及び主な生活行動の平均時刻に関する事項
2 スポーツ活動、学習・研究活動、趣味・娯楽活動、ボランティア活動及び旅行・行楽の状況に関する事項
調査結果の公表

平成28年調査:調査票A 生活行動に関する結果/平成29年8月3日
                                          生活時間に関する結果/平成29年9月19日 new!

今後の公表予定 調査票Bに関する結果 平成29年12月(予定・総務省統計局)
担当 生活統計グループ(内線23-681)