スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局参事 >  プロポーザル型政策形成事業


最終更新日:2016年4月07日(木)

プロポーザル型政策形成事業

 道では、複雑化・輻輳化する行政課題への対応と道全体としての政策開発力の向上を図るため、職員から庁内横断的な政策課題に関する企画提案を募集し、企画提案者を含む政策形成チームを設置して磨き上げ、職員の柔軟な発想や行動力を活かした実効ある政策開発を行っています。

 平成27年度は、2つの提案を採択し、平成28年3月に最終報告を受けています。 

【平成27年度の最終報告】

   ・ 明治北海道の産業革命遺産等の保全・活用に関するグランドデザインの作成

              10 11 12 13 14 15 16 17 18 

   ・ 北海道のオープンデータをもっと推進するために 

【平成26年度の最終報告】

   ・ 地域に根ざした政策形成支援システムの提案

   ・ ユニバーサルツーリズムによる新たな旅行需要創出プロジェクト 

【平成25年度の最終報告】

   ・ 北海道価値をカタチにして住みたくなるプロジェクト“あるある家”

   ・ 「地域密着型ビジネス」の振興方策 

 

【事業概要】

プロポ概要