スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 危機対策課 >  北海道シェイクアウト

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 防犯・防災 > 災害・防災情報

最終更新日:2020年9月03日(木)

The Great Hokkaido Shake Out

 
~防災リテラシーの向上を目指して~

北海道シェイクアウト


防災リテラシーとは、防災に関する知識や技術を自ら学び活用する能力をいいます。

 トピックス


2020

 北海道シェイクアウト2020(令和2年9月1日)を実施しました。


〈過去の実績〉

        年     月日        参加者数 (単位:人)
 2019 (令和元年)  9月6日  140,910
 2018 (平成30年)  8月31日  164,763
 2017 (平成29年)  9月1日  185,513
 2016 (平成28年)  11月4日  148,068
 2015 (平成27年)  9月1日  126,019
 2014 (平成26年)  10月15日  131,399
 2013 (平成25年)  10月29日  144,823
 2012 (平成24年)  8月30日  113,445




学習資料

トップページへ

      そのときの備えは十分ですか? ,

                北海道太平洋沿岸に係る津波浸水予測図 

      ◆イメージ図
      予測図イメージ  

                   (実際の図面とは異なります。) 


※シェイクアウトとは、2008年に米国カリフォルニアで始まった訓練で、地震を想定して参加者が一斉に行動するという新しい形の訓練です。参加者はインターネットなどを通じて防災についての知識を深め、同じ日時にそれぞれの場所で一斉に安全行動(安全行動の1-2-3)を行います。
 アメリカでは2011年に約950万人が参加しており、日本ではH24.3.9に東京都千代田区で行われ、約2万5千人が参加しました。

【安全の基本行動1-2-3】
安全行動

 ◎日本各地のシェイクアウト訓練が掲載されています。

   ▼日本版シェイクアウトのページ

     http://www.shakeout.jp

 
【米カリフォルニアの様子】
スーパーでのシェイクアウトの様子:2011年の訓練にはロサンゼルス市長も参加し、日本・中国をはじめ各国メディアが取材に訪れました。」
 
  
          Shake Out日本ページ    Shake Out公式ページ      
 
 北海道大学大学院理学研究員付属 地震火山研究観測センター          地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 北方建築総合研究所