スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総務部 > 危機対策課 >  冬山登山の事故防止について


最終更新日:2008年12月10日(水)


冬山登山の事故防止について


冬山登山の事故防止について

 冬山においては急激な気象の変化等、厳しい自然条件下にあり、ちょっとした油断や判断の誤りが、人命に関わる大事故に結びつきます。

携帯電話      ラジオ     食糧       救急箱


<もう一度点検・計画と対応力>

○ エスケイプルート(万一の時の逃げ道)は考えていますか。

○ 気象通報による天気図はとれますか。(ラジオなど)

○ 応急措置のための知識と医薬品・器具は整えましたか。

○ 雪崩に関する知識・心構えと装備は整えましたか。
  (雪崩ビーコンなど)

○ 緊急時の連絡手段は用意しましたか。(携帯電話・無線など)

○ 山岳保険の加入は済みましたか。

○ 登山計画書はパーティー全員でよく検討し、理解しましょう。

○ 繰り返し事故多発! 過去の事故を確認しましたか。

                       雪崩               救助

   

 ※ リーフレット「冬山登山の警告」(山岳遭難対策中央協議会)

 ■ 北海道管理の避難小屋については、こちらをご覧下さい。                                   (環境生活部環境局自然環境課のページ)