スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  道産食品登録制度説明

北海道の分類: 産業・経済 > 農業 > 食に関すること

最終更新日:2015年6月04日(木)


道産食品登録制度説明


道産食品登録制度       登録  

new!   ☆道産食品登録制度のニュースはこちら                 

new!平成27年2月・4月分の道産食品の登録です。

 平成27年2月・4月は、次の道産食品が登録されました。
  (新規登録は2月・4月・7月・11月の年4回 申請受付を行っています)

  ○平成27年2-4月分の新規登録食品

 


■道産食品が342品登録されています。

 平成27年6月1日現在、農産120品、畜産物84品、水産物106品、林産物3品、その他29品の道産食品が登録されています。

道産食品登録制度商品一覧(事業者主体)(平成26年12月16日現在 htm形式(工事   中)
道産食品登録制度商品一覧(登録品) PDF 
商品種類別一覧はこちら PDF(工事中)


 
■登録手続について

 登録手続は、(一財)日本穀物検定協会北海道支部で行っていますので、詳細は電話により確認して下さい。
  【機 関 名】 (一財)日本穀物検定協会 北海道支部
  【所 在 地】札幌市白石区菊水8条3丁目1番24号
  【電  話】011-831-6191
  【申請受付】
   毎年2月1日~2月末日
     4月1日~4月30日
     7月1日~7月31日
    11月1日~11月30日 の年4回


 登録申請手続については、こちらをご覧ください。



■道産食品登録制度について

 道産食品制度とは、道産ブランドの向上を図るため、北海道の豊かな自然環境の下で生産された原材料を使用して、道内で製造・加工された道産加工食品を登録する制度です。

<制度の概要>

1 登録制度の対象
 次のすべての要件に該当する加工食品を対象とします。
(1)製造加工地
   北海道内で製造・加工したものであること
(2)原材料

 道産の農産物、畜産物、水産物、林産物及びこれらを原材料として
   加工した ものを使用していること

 ミネラルウォータ類(容器入り飲料水)については、道産の水を使用し
   ていること

 糖類を主な原材料とする食品に(糖類の重量が上位3位以内で、かつ
   原材料に占める重量割合が5%以上のもの)については、糖類が道産
   であること

 食塩、調味料、添加物などの原材料については道産に限定しない
(3)表示
 道産原材料については、北海道産(記載可能なものは市町村名やその他
   一般に知られた地名)と表示すること
(4)商品形態
   最終の出荷形態と消費者の入手形態が同一のものであること

2 登録マーク

   登録の証として「道産食品登録マーク」を貼付する必要があります(道産食品登録
    
制度実施要綱第7の1)          
    なお、登録商品には、「試される大地 北海道」マークが使用できます。 
   
     道産食品登録マークの仕様 

  3 「試される大地 北海道」マーク
 
  『試される大地 北海道』マークは、H23年4月以降使用方法が変わりました。
    引き続きマークが使用できる食品は、
「道産食品登録商品」もしくは「きらりっぷ北海道認証商品」のみであり、無断での商品へのマーク使用は出来ません。
   使用にあたっての
 手続などの詳細は、こちら(広報広聴課)でご確認ください。

 

登録マーク

 

 1

4 制度の仕組み

登録制度イメージ


制度の諸規定については、こちらをご覧ください。
  <道産食品登録制度実施要綱(21KB)
  <道産食品登録手続要領(66KB)
    <道産食品登録申請事務留意事項(32KB)




PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。ダウンロードはこちらから

Acrobat Reader

食品政策課のトップへ 戻る