スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 生産振興局農産振興課 >  馬鈴しょ検討会


最終更新日:2017年3月06日(月)


馬鈴しょ検討会


北海道産馬鈴しょの安定供給に関する検討会

 道内においては、馬鈴しょの重要病害虫であるジャガイモシストセンチュウが拡大しており、今後の道産馬鈴しょの安定供給が懸念されています。
 このため、シストセンチュウ抵抗性品種の普及拡大等の道産馬鈴しょの安定供給に関する問題について、関係者間において情報共有、課題の整理、今後必要とされる対策等の検討を実施する「北海道産馬鈴しょの安定供給に関する検討会」を設置しました。

●(平成24年12月12日)「ジャガイモシストセンチュウ抵抗性品種の普及拡大に向けて」を策定しました。

1 【概要】ジャガイモシストセンチュウ抵抗性品種の普及拡大に向けて
2 ジャガイモシストセンチュウ抵抗性品種の普及拡大に向けて

●第5回検討会(平成27年8月26日(水)開催)資料

  北海道産馬鈴しょの安定供給に関する検討会(第5回)の概要

●第4回検討会(平成26年5月15日(木)開催)資料

  ○北海道産馬鈴しょの安定供給に関する検討会(第4回)の概要 

●第3回検討会(平成24年12月12日(水)開催)資料

 ○北海道産馬鈴しょの安定供給に関する検討会(第3回)の概要

●第2回検討会(平成24年9月26日(水)開催)資料

 ○北海道産馬鈴しょの安定供給に関する検討会(第2回)の概要

●第1回検討会(平成24年5月25日(金)開催)資料

  ○北海道産馬鈴しょの安定供給に関する検討会(第1回)の概要