スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 農業大学校 >  北海道立農業大学校 農大なんでもQ&A | 農政部農業大学校


最終更新日:2018年1月22日(月)


北海道立農業大学校 農大なんでもQ&A | 農政部農業大学校


北海道立農業大学校 北海道立農業大学校
サイト目次
ホームへ 学校紹介 学科・コース紹介 研修案内 受験生 お問い合わせ

受験生 トップ
写真で見る農大生
農大なんでもQ&A
年間行事

農大なんでもQ&A

農大なんでもQ&A(教育・入学編)
Q.1 農大ってどんな学校なの?
Q.2 農大の先生方ってどんな先生?
Q.3 1日の授業時間はどうなっていますか?
Q.4 私は農業高校出身ではないのですが、授業についていけますか?
Q.5 私は北海道外の出身ですが、入学できますか?
Q.6 海外農業研修はどのような内容で行っていますか?
Q.7 奨学金などの制度がありますか?
農大なんでもQ&A(学生生活・進路編)
Q.8 農大の寮生活について教えてください。
Q.9 寮の食事は土・日や祝祭日もありますか?
Q.10 自家用車の持ち込みはできますか?
Q.11 農大の近くに銀行やコンビニはありますか?
Q.12 サークル活動にはどのようなものがありますか?
Q.13 アルバイトは可能ですか?
Q.14 卒業後の進路状況はどうなっていますか?
Q.15 農業大学校から4年制大学への編入実績はどのようになっていますか?
Q.16 農業経営研究科への入校は、どのようしたらよいですか?
Q.1 農大ってどんな学校なの?
 本校は専修学校専門課程(農業)の学校で、一般的には専門学校になります。卒業すると「専門士」の称号が付与され、短期大学卒業者と同等以上の学力があると認められる者として、大学への編入学の資格が与えられます。
Q.2 農大の先生方ってどんな先生?
 授業担当者は、本校職員(農業普及指導の専門家)と外部講師(農業試験場職員・大学教授・農業機械メーカー職員・食品加工メーカー職員・税理士・農業者など)で構成されています。講義内容に応じてそれぞれのスペシャリストが先生になります。
Q.3 1日の授業時間はどうなっていますか?
 1時限当たりの授業時間は45分で、2時限で一つの授業となります。基本的には午前は講義、午後はプロジェクトや実習になります。

1時限 9:00 ~ 9:45
2時限 9:45 ~ 10:30
3時限 10:40 ~ 11:25
4時限 11:25 ~ 12:10
5時限 13:10 ~ 13:55
6時限 13:55 ~ 14:40
7時限 14:50 ~ 15:35
8時限 15:35 ~ 16:20
9時限 16:30 ~ 17:15
Q.4 私は農業高校出身ではないのですが、授業についていけますか?
 在校生の約4割が、農業高校以外からの入校生です。本校に入校後、農業の基礎的な科目から履修できるようになっていて、次第に専門的な科目を履修することになります。農業実習も入門的な内容から次第に専門的な内容となるよう段階的に組み立てています。卒業までに、農業者として必要な資格や技術が習得できます。
Q.5 私は北海道外の出身ですが、入学できますか?
 道外の方でも入学は可能です。在学している学生の約1割が道外出身の学生です。
Q.6 海外農業研修はどのような内容で行っていますか?
 養成課程2年生の学生を対象に、海外研修を実施しています。授業としては専門選択科目となります。これまでの研修国は、イタリア、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドなどになります。費用は、旅行費用やパスポート手数料などで36万円程度です。
Q.7 奨学金などの制度がありますか?
 本校は、専修学校に位置付けられているので、日本学生支援機構の奨学制度を利用できます。また、卒業後、自ら農地や農業機械、施設等を持ち、農業に取り組む独立・自営就農する等の要件を満たすことにより、青年就農給付金(準備型)の給付を受けることができます。
Q.8 農大の寮生活について教えてください。
 朝・夕の実習がありますので、全寮制です。男子寮は一部2階建で、二人部屋です。
 女子寮は1階建で、一人部屋の利用となります。
 寮生活では、自主的な共同生活を通して社会生活に必要な人格と教養を高めるため、学生により組織された寮自治会が主体となって寮運営を行っています。
Q.9 寮の食事は土・日や祝祭日もありますか?
 年末年始の閉寮期間以外は、平日はもちろん土曜、日曜、祝祭日も1日3食の食事があります。
Q.10 自家用車の持ち込みはできますか?
 自動車の持ち込みの許可申請をして、許可されれば車の持ち込みが可能です。また、駐車場は、学校指定場所となっています。
Q.11 農大の近くに銀行やコンビニはありますか?
 農大から約7kmに銀行やコンビニエンスストアがあります。また、約2kmのところに郵便局があります。
Q.12 サークル活動にはどのようなものがありますか?
 野球、バレー、バドミントンなどがあります。
Q.13 アルバイトは可能ですか?
 授業に支障のない範囲で可能です。学生はコンビニやガソリンスタンドのアルバイトの他に、酪農家での朝夕の搾乳をしています。なお、アルバイトを行う場合は、事前に「アルバイト届」を提出する必要があります。
Q.14 卒業後の進路状況はどうなっていますか?
 卒業生の7割が卒業後すぐに実家に就農しています。その他に、農業法人や酪農ヘルパー等に就農しています。就職はJA職員や家畜人工授精師等の専門職に就いています。
Q.15 農業大学校から4年制大学への編入実績はどのようになっていますか?
 平成18年の専修学校化により、4年制大学の農業系学部への3年次編入が可能となりました。平成27年度の実績としては、帯広畜産大学3年次編入が3名、酪農学園大学3年次編入が1名です。
Q.16 農業経営研究科への入校は、どのようしたらよいですか?
入校資格は、農業大学校の本科を修了した者、又は同等以上の学力があると認められた者(短大卒以上)です。研究科は入校試験がありますので、合格することが必要です。 詳しくは、受験生の皆さんへ(募集要項PDF)をご覧ください。
ホームへ戻る ページトップへ戻る
北海道立農業大学校

〒089-3675 北海道 中川郡 本別町 西仙美里 25番地1
総務部(総務課、校長、副校長) Tel 0156-24-2121 Fax 0156-24-2421
教務部(教務課、畜産、畑園)Tel 0156-24-2122
教務部(研究・研修、稲作) Tel 0156-24-2700

※ 入校試験出願に関するお問い合わせは、教務部までお願いします。


お問い合わせ