スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 地域経済局中小企業課 >  三井住友海上火災保険株式会社との包括連携協定について


最終更新日:2015年11月04日(水)


三井住友海上火災保険株式会社との包括連携協定について


   北海道ロゴ                                                                                 三井住友海上ロゴ

北海道と三井住友海上火災保険株式会社との包括連携協定

          三井住友社長と知事(協定書)         知事と三井住友海上社長(4人)

 

 北海道と三井住友海上火災保険株式会社は、「中小企業等への経営支援」「中小企業等の海外進出支援」「中小企業等及び自治体のBCP(事業継続計画・業務継続計画)策定等の支援 」に関する事業に連携・協働して取組むため、平成27年10月14日(水)に包括連携協定を締結しました。

 協定の概要はこちらから。 

 三井住友海上火災保険株式会社は、経営サポートセンターを設置して長年にわたり企業支援を行ってきた実績があり、保険会社で初めて、平成25年6月に中小企業経営力強化支援法に基づく「経営革新等支援機関」の認定を受けているほか、損害保険会社として培ってきたリスク管理のノウハウや世界に広がる海外拠点からもたらされる現地情報を有しています。

 道としては、こうした同社の実績やノウハウなどを活用し、相互に連携して、中小企業等の経営力向上や自治体の業務運営に関する支援等に取組むことにより、道内経済の発展と活性化を図るため、この協定を締結することとしたものです。      


 ■取組分野

   中小企業等への経営支援に関すること

        ・中小企業向けの経営相談や経営セミナー等の開催
     ・人事労務や人材育成、事業承継や後継者育成に係るセミナ ーや研修会の開催
     ・企業間のビジネスマッチングの支援
     ・中小企業等への支援に係る情報共有・意見交換 

   中小企業等の海外進出に関すること

          ・海外進出検討企業への各種情報の提供
     ・海外進出検討企業の現地視察時の支援、協力
 

   中小企業等及び自治体のBCP  (事業継続計画・業務継続計画)に関すること
  
  

          ・中小企業等及び自治体のBCPに関するセミナーの開催や相談会の実施
        ・中小企業等及び自治体のBCP策定に関する支援