スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  長距離自然歩道 北海道自然歩道


最終更新日:2013年10月30日(水)


長距離自然歩道 北海道自然歩道


 
案内標識の写真東大雪の道の写真解説板の写真維新の道の写真誘導標識の写真
北海道自然歩道シンボルマーク

北海道自然歩道シンボルマーク
(クリックで拡大)
長距離自然歩道
北海道自然歩道
長距離自然歩道とは 長距離自然歩道とは 全体計画路線図 全体計画路線図 整備状況 整備状況 注意事項 注意事項

おしらせ  お知らせ
◇2005/7/24  東大雪の道「糠平湖を巡る道」(糠平温泉~メトセップ間)の供用を開始しました。

 木々に覆われた旧国鉄士幌線跡をたどるコースで、途中にはアーチ橋や糠平湖へのアプローチもあり、自然をたっぷり満喫できるすてきなコースです。ぜひ一度歩いてみてください。
 なお、コースの詳細については「十勝総合振興局環境生活課自然環境係(Tel 0155-26-9028)」までお問い合わせ下さい。
詳細情報(ガイドマップ)

<現在供用中のコース>
霧と湿原の道「原生回帰の道」(一部供用中) 北斗展望台~温根内ビジターセンター
東大雪の道「糠平湖を巡る道」(一部供用中) 糠平温泉~メトセップ
火山回道「有珠めぐりの道」(一部供用中) ロープウエイ終点有珠山展望台~林道終点
維新の道「赤松並木を歩く道」 JR桔梗駅~JR渡島大野駅 
維新の道「駒ケ岳山麓をたどる道」  JR大沼公園駅~JR駒ヶ岳駅
丘の道「遙かなる山並みの道」 JR美瑛駅~ひがしかぐら森林公園
丘の道「森林公園を訪ねる道I」 ひがしかぐら森林公園~キトウシ森林公園家族旅行村
丘の道「森林公園を訪ねる道II」 キトウシ森林公園家族旅行村~当麻町森林公園
丘の道「森林公園を訪ねる道III」 当麻町森林公園~JR愛別駅
丘の道「21世紀の森を目指す道」 キトウシ森林公園家族旅行村~旭川市21世紀の森

長距離自然歩道とは  長距離自然歩道とは
   長距離自然歩道は、多くの人々が四季を通じて手軽に楽しくかつ安全に、国土の優れた風景地等を歩くことにより、沿線の豊かな自然や歴史、文化に触れ、国土や風土を再認識し、併せて自然保護に対する意識を高めることを目的とするもので、自然景観や文化財等に恵まれた既存の道路を、標識等の整備によりネットワーク化した長距離の自然歩道です。
 環境省が計画し、各都府県が事業主体となって整備を進めており、昭和45年(1970年)の東海自然歩道に始まり、これまで九州・中国・四国・首都圏・東北・中部北陸・近畿と8つの自然歩道が整備されています。(平成17年度以降は国立公園内の路線は環境省が整備します。)

 全国で9番目となる北海道自然歩道は、平成15年に計画が策定され、整備がはじまりました。計画路線の延長距離は4,585kmで全国最長。天然林主体の広大な森林や湿原といった豊かな自然景観、広大な牧場や畑、防風林といった牧歌的な田園風景など北海道を代表する地域の歴史的・文化的資源等を結ぶ歩道のネットワークを構築するものとなっており、整備が完了すれば、全国の長距離自然歩道の総延長距離は約2万6千kmに及ぶこととなります。

全体計画路線図 全体計画路線図  北海道自然歩道は、それぞれにテーマをもった23の路線で構成されています。

整備状況 整備状況
(平成17年8月末現在)
 北海道自然歩道の各路線は、それぞれいくつかの一日利用コース(一日で歩ける10~20kmのコース)で構成されています(全289コース)。
 現在6つの路線で整備を進めており、今のところ10コースの整備が終わっています。今後も計画に基づき、着実に整備を進めてまいります。

注意事項 利用に当たって
の注意事項
「東大雪の道」ご利用にあたっての注意事項
ヒグマによる被害に遭わないために(東大雪の道)

パンフレット パンフレット
ガイドブック
東大雪の道「糠平湖を巡る道」ガイド 2ページ


上へ  〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 
北海道環境生活部環境局 生物多様性保全課自然公園グループ
TEL (011)231-4111 (内線 24-370)  FAX (011)232-6790
 
E-Mail kansei.shizen1@pref.hokkaido.lg.jp
北海道ホームページ 生物多様性保全課TOP