スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市環境課 >  ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)


最終更新日:2018年10月19日(金)


ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)


北海道花めぐり庭めぐり

top北海道の都市公園花の名所代表的な花一覧市町村の花

代表的な花一覧

北海道の代表的な花一覧

ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)
line 花の種類 山野草 分類 アヤメ科


ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)

花の特性 line

高さ約60~90cmの多年草。枝先で枝分かれして青紫色の花をつける。花は一日花で、朝開いて夕方にはしぼんでしまう。

開花時期

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
                             

原産地/分布
分布:北海道、本州、四国、九州

花にまつわるエピソードなど line

檜扇(ひおうぎ)とは、ヒノキの薄板を何枚も重ねあわせたようにくっついた扇で、桃の節句に飾る内裏ビナが持つ扇。これにヒオウギアヤメの葉が良く似ていることからこの名がつけられたようだ。

ヒオウギアヤメは花の奥に蜜を隠して蜂を誘惑する。蜂は花粉の道を通らなければならず、その花粉がめしべについて新しい生命が生まれるという自然のしくみが興味深い。

花の名所 line

原生花園あやめヶ原
金浦原生花園
晩成原生花園
オムサロ原生花園
ワッカ原生花園
北方原生花園
ベニヤ原生花園
キムアネップ岬
メグマ原生花園
釧路湿原国立公園
帯広市野草園

 

北海道の都市公園

 都市公園とは
 北海道立公園
 市町村の都市公園

関連情報

 ボランティア団体

花の名所検索

 公園の種類
 花の種類
 名所マップ

平成26年度都市公園花観光推進事業