スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市環境課 >  ライラック(紫丁香花:むらさきはしどい)


最終更新日:2018年10月19日(金)


ライラック(紫丁香花:むらさきはしどい)


北海道花めぐり庭めぐり

top北海道の都市公園花の名所代表的な花一覧市町村の花

代表的な花一覧

北海道の代表的な花一覧

ライラック(紫丁香花:むらさきはしどい)
line 花の種類 花木 分類 モクセイ科


ライラック(紫丁香花:むらさきはしどい)
 

花の特性 line

ライラックはアカシアとともに明治の中ごろに日本に渡ってきた。原産はアフガニスタンからペルシャにかけての一帯で、16世紀末にはヨーロッパ一帯に広がった。育てやすい木で、日本では大正時代あたりから庭木として普及した。

花は密生して咲き、全体は大きな円錐状となる。花色は紫色、ピンク色系が多いが最近は白いライラックもよく見られる。香りがよく香水の原料ともされる。ライラックは英語名で、フランスではリラと呼ばれる。ちなみに、日本名はムラサキハシドイである。

開花時期

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
                                   

原産地/分布
東欧

花にまつわるエピソードなど line

ライラックは札幌の木としても知られる。昭和35年に札幌市の木を決める市民投票で、アカシアとライラックが最終候補となり、わずかの差でライラックが勝ったというエピソードがある。

ライラックが咲く頃に、オホーツク海高気圧の影響で寒さが戻ってくることがある。これを「リラ冷え」と呼ぶ。 

花の名所 line

大通公園
川下公園
オホーツク・リラ街道
北海道大学植物園
前田森林公園
フラワーパーク 百合が原公園

 

北海道の都市公園

 都市公園とは
 北海道立公園
 市町村の都市公園

関連情報

 ボランティア団体

花の名所検索

 公園の種類
 花の種類
 名所マップ

平成26年度都市公園花観光推進事業