スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市環境課 >  ソバ(蕎麦)


最終更新日:2018年10月19日(金)


ソバ(蕎麦)


北海道花めぐり庭めぐり

top北海道の都市公園花の名所代表的な花一覧市町村の花

代表的な花一覧

北海道の代表的な花一覧

ソバ(蕎麦)
line 花の種類 作物の花 分類 タデ科


ソバ(蕎麦)
 

花の特性 line

蕎麦の草丈は60~130センチほどで、茎の先端に白い小花が総状花序に群がるように開く。花の色は主に白またはうすいピンク色であり、花後に三角形で角のある黒い実をつけ、この実を製粉し主に蕎麦麺とする。

成長が非常に速く、地域によっては年に2回、3回と栽培できる。全国一の作付面積を誇る北海道では年一回の収穫となる。

開花時期

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
                                   

原産地/分布
南米アンデス地方

花にまつわるエピソードなど line

一面真っ白なソバ畑の景観は、夏の農村に雪が舞ったような幻想的な景観を作り出す。全国一の作付面積を誇る北海道幌加内町では、農村がまさに白一色に染まり、その景観は訪れる人を魅了する。

ソバ(蕎麦)の語源は「ソバムギ」からきている。ソバとは、とがったという意味。ソバの実が三角突起状でとがっていることからきている。後に「そばむぎ」が略されて「ソバ」と呼ばれるようになり蕎麦の字があてられた。   

花の名所 line

幌加内町地区一円のそばの花畑
ふらのジャム園 共済農場
サッポロさとらんど
国道38号線そばロード(新得町)
江丹別地区のそば畑(旭川市)

 

北海道の都市公園

 都市公園とは
 北海道立公園
 市町村の都市公園

関連情報

 ボランティア団体

花の名所検索

 公園の種類
 花の種類
 名所マップ

平成26年度都市公園花観光推進事業