スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市環境課 >  クレマチス(仙人草:せんにちそう)


最終更新日:2018年10月19日(金)


クレマチス(仙人草:せんにちそう)


北海道花めぐり庭めぐり

top北海道の都市公園花の名所代表的な花一覧市町村の花

代表的な花一覧

北海道の代表的な花一覧

クレマチス(仙人草:せんにちそう)
line 花の種類 園芸種 分類 キンポウゲ科


クレマチス(仙人草:せんにちそう)
 

花の特性 line

「つる性植物の女王」とも呼ばれるクレマチスは、古くから日本で親しまれてきた「カザグルマ」や「テッセン」がヨーロッパへ伝えられ、外国の他種との交配が重ねられて再び日本に戻って来た、日本生まれで外国育ちのつる性植物である。

花弁をもたず花のように変化した萼を持つ点が特徴で、近年では新しい品種が次々と作り出されており、北海道のガーデニングにおいても欠かすことのできない植物となっている。

開花時期

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
           

原産地/分布
日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカ

花にまつわるエピソードなど line

クレマチスは、「テッセン」という名でも広く一般に知られているが、テッセンはクレマチスの一品種である。

クレマチスという名前はギリシャ語でツルを意味するクレマに由来している。また、テッセンは、そのつるが鉄線のように強くて固いと言うことが名前の由来である。

花の名所 line

えこりん村 銀河庭園
エルクの森
白い恋人パーク ローズガーデン
前田森林公園
紫竹ガーデン
マウレの庭

 

北海道の都市公園

 都市公園とは
 北海道立公園
 市町村の都市公園

関連情報

 ボランティア団体

花の名所検索

 公園の種類
 花の種類
 名所マップ

平成26年度都市公園花観光推進事業