スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 建築指導課 >  二級建築士及び木造建築士の定期講習未受講者の取扱いについて


最終更新日:2020年6月18日(木)

二級建築士及び木造建築士の定期講習未受講者の取扱いについて


 国土交通省からの要請により、新型コロナウイルス感染症対策のため、建築士法に基づく登録講習機関では、建築士法第22の2に基づく建築士定期講習について、本年6月末まで実施を控えることされておりましたが、7月以降の建築士定期講習について、改めて国土交通省から通知があり、講習受講者、講師及び職員への感染拡大防止に万全を期して実施することとなりました。                 

 なお、二級建築士及び木造建築士の定期講習未受講者の取扱いについて、下記のとおりとすることとしましたので、お知らせいたします。

 上記措置を踏まえ、新型コロナウイルス感染症対策に係る感染拡大防止に起因する理由により、建築士法第22の2に定められた建築士定期講習に係る責務を果たせなくなる場合については、二級建築士及び木造建築士の建築士法第10条の規定の取扱いを柔軟に行うことを予定しています。

 

国土交通省HP:「建築士定期講習等における新型コロナウイルス感染症への対応について(第4報)」

建築指導課のページへ戻る