スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2016年11月22日(火)


定期報告


 

 定期報告について

 建築基準法第12条第1項、第3項に基づく定期報告制度は、不特定多数
の人が利用する建築物で一定規模以上の特殊建築物等や、エレベーター、エ
スカレーター等の昇降機等について、構造の老朽化、避難設備の不備、建築
設備の操作不完全によって大きな災害が発生する恐れがないよう、定期的に
専門の技術者に点検してもらい、その結果を特定行政庁に報告していただく
ものです。

 用途、規模、報告時期等は以下の表に示すとおりです。

 報告書等の様式が改正になりました。

                                                 (平成20年4月1日施行)                                                                                                   (平成22年3月28日一部改正)                                                                                          (平成25年4月1日一部改正)
                                                           (平成28年6月1
日一部改正)

 

 様式については、こちらからダウンロードしてください。

 定期報告の提出先こちらをご覧ください。

■建築基準法第12条による定期報告を必要とする特殊建築物等
 建築基準法の改正により、平成28年6月1日から定期報告の対象となる特定建築物等、

が変更になりました。「定期報告対象特定建築物等一覧表」は/こちらをご覧ください。



建築指導課のホームページ