スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 福祉局地域福祉課 >  民生委員・児童委員について


最終更新日:2019年3月29日(金)


民生委員・児童委員について



( ↑ 北海道保健福祉のマスコットキャラクター、ナキウサギの「うっさん」)


 

  

     近年、担い手不足の深刻化により、長期間民生委員が不在の地域が増えています。

     民生委員は、実際の業務や道が実施する各種研修により、幅広い福祉の知識が得られ、
    地域住民のために奉仕する非常にやりがいのある活動です。
     民生委員の活動をしていただける方は、お住まいの市町村までご連絡ください。
 


1.  民生委員・児童委員とは?


   民生委員・児童委員は、地域に暮らす住民の皆さんの暮らしの様々な悩みごとの相談に応じ、
 その課題が解決できるよう、行政機関など必要な支援先への「つなぎ役」を担う方々です。

  身分は特別職の非常勤公務員で、無報酬のボランティアです。厚生労働省から委嘱され、各地域を
 担当します。

     また、子どものことを専門に担当し、活動している「主任児童委員」もいます。

  北海道では、約12,000名の民生委員・児童委員が地域の福祉のために活躍しています。
  ※ 上記のうち、約1,000名が主任児童委員です。
  


 2.  主な活動内容


 (1)社会調査 ・・・・・・・・ 担当区域内の住民の実態や福祉ニーズを把握します。
 
   (2)相談     ・・・・・・・・  地域住民が抱える課題について、相手の立場にたち、親身になって相談に
                  のります。

 (3)情報提供 ・・・・・・・・ 社会福祉の制度やサービスについて、その内容や情報を住民に的確に提供
                  します。

 (4)連絡通報 ・・・・・・・・ 住民がそれぞれのニーズに応じた福祉サービスを得られるよう、関係行政機
                   関、施設、団体等に連絡し、必要な対応を促すパイプ役となります。

 (5)調整    ・・・・・・・・ 住民の福祉ニーズに対応し、適切なサービスの提供が得られるように支援しま
                   す。

 (6)生活支援 ・・・・・・・・ 住民が求める生活支援活動を自ら行い、支援体制をつくります。

 (7)意見具申 ・・・・・・・・ 活動を通じて得た問題点や、改善策について取りまとめ、必要に応じて民児協
                  をとおして関係機関等に意見を提起します。

  任期は3年で、再任も可能です。


 3. 民生委員になるまでの流れ


 (1)市町村に設置された民生委員推薦会が、候補者を推薦

 (2)市町村から道へ進達

 (3)道から厚生労働省へ具申

 (4)厚生労働省から委嘱(道、市町村を経由し、委嘱状等を交付)

                                             
                                                                                                              ↑ 民生委員・児童委員のシンボルマークです。


 4. 道の役割


 (1)民生委員の定数の決定
    3年に一度、市町村長の意見を聴き、定数を決定します。
   ◇北海道民生委員定数条例の一部改正について(H28.7.19) 

 (2)民生委員候補者の国への推薦、解職の具申

 (3)民生委員への研修の実施
    公益財団法人北海道民生委員児童委員連盟に委託し、民生委員の研修を行っています。

 ※札幌市、旭川市、函館市は、道と同様に上記(1)~(3)を行う権限を持っています。
 ※東川町についても、道からの権限委譲により、上記(2)~(3)を行う権限を持っています。


    5. 北海道社会福祉審議会民生委員審査専門分科会について


  北海道社会福祉審議会民生委員審査専門分科会は、社会福祉法第11条に基づき、都道府県に
 設置された調査審議機関です。主に、民生委員の適否の審査に関する事項を調査審議しています。

  ・ 平成30年度北海道社会福祉審議会民生委員審査専門分科会の開催結果について



  . 関係機関へのリンク集


  ・ 厚生労働省 「民生委員・児童委員について」

  ・ 全国民生委員児童委員連合会  

  ・ 公益財団法人  北海道民生委員児童委員連盟