スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域医療推進局地域医療課 >  地域枠制度〈北海道医師養成確保修学資金制度〉


最終更新日:2018年10月18日(木)

地域枠制度〈北海道医師養成確保修学資金制度〉

注目情報

  • 先輩医師の声

目的

北海道医師養成確保修学資金は、将来医師として道内の医師が不足する地域に所在する公的医療機関等(医療法(昭和23年法律第205号)第31条に規定する公的医療機関その他医療機関)に勤務しようとする方に対し、その修学に必要な資金を貸し付けることにより、地域医療を担う医師の養成及び確保を図り、もって道内における医療の提供体制の充実を図ろうとするものです。

制度概要

1.開始時期

平成20年度から

2.貸付額

※入学料及び授業料は国立大学の金額に準拠しています。
※貸付期間:6年以内

入学料 282,000円(初年度)
授業料 535,800円(年額)
生活費 120,000円(月額)
初年度 2,258千円
2年目以降 1,976千円
6年間計 12,137千円

3.貸付対象(枠)

札幌医科大学 旭川医科大学 北海道大学 合計
15名 12名 5名 32名

4.義務年限

卒後年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目
勤務区分 初期臨床研修 地域勤務 選択研修 地域勤務

5.義務年限中の身分等

研修中 研修先病院職員(研修先病院から給与支給)
地域勤務 派遣先病院職員(勤務先病院から給与支給)

6.返還免除要件等

卒後9年間のうち、5年間を知事が指定する医師確保が困難な道内の公的医療機関等(指定公的医療機関等)に勤務すること。(その他4年間は、道内の臨床研修病院等で研修を行う。) ※返還免除要件に該当しない場合は、貸し付けた修学資金の額に違約金(10%)をあわせた総額を返還 していただきます。

7.返還免除要件等

指定公的医療機関等、貸付を受けた者、大学講座等(所属している場合に限る。)の意向等を踏まえ、道が決定する。

その他お知らせ

平成30年度 地域枠医師意向調査 調査票

平成30年度 地域枠医師面談日程調整票

地域医療課医師確保推進グループトップへ