新生児聴覚検査について

 新生児聴覚検査は、赤ちゃんの聴覚に異常がないかを早期に発見するための検査です。
 生まれつき、両側の耳の聞こえに異常があるお子さんは1,000人に1~2人と言われています。この検査により、聴覚の異常を早期に発見し適切な治療を行うことで、言葉の発達への大きな効果が期待できます。
 聞こえの障害は目に見えず発見が遅れがちですが、早期に発見するためにも、新生児聴覚検査を受けることをお勧めします。

 詳しくは、北海道のホームページをご覧ください。

【問い合わせ先】
 保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課子育て支援係
  電話 011-206-6343

カテゴリー

page top