子どもの貧困について

 平成28年に実施された「国民生活基礎調査」によると、7人に1人の子どもが、平均的な世帯所得の半分に満たない家庭で暮らしており、北海道が平成28年度に札幌市と連携し、北海道大学と共同で実施した「北海道子どもの生活実態調査」では、家庭の経済状況等が子どもの日常生活や進学希望などに影響していることなどが明らかになりました。

 道では、子どもの現在及び将来が生まれ育った環境に左右されることなく、夢や希望を持って成長できる社会の実現に向け、「第二期北海道子どもの貧困対策推進計画(R2~R6)」を策定し、教育・福祉・労働等の各部局と連携を図りながら、教育の支援、生活の支援、保護者に対する就労支援、経済的支援等の施策を総合的かつ効果的に推進することとしています。

 なお、計画内容や生活実態調査の結果、子育て世帯や子どもが利用できる各種相談機関や支援制度については、北海道のホームページをご覧ください。

【問い合わせ先】
 保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課自立支援係
  電話 011-206-6328

カテゴリー

page top