認知症高齢者のためのSOSネットワークのお知らせ

 SOSネットワークは、市町村、保健所、警察署などの関係機関が連携して、行方不明の認知症高齢者の早期発見・保護をするためのシステムで、全道の市町村を、140のネットワークに分けて整備しています。
 お年寄りの行方が分からなくなったときは、最寄りの警察署生活安全課又は交番へ電話で連絡するだけで、消防署、ラジオ局、タクシー会社などのネットワークにより、直ちに捜索が開始されます。

 【問い合わせ先】
  詳しくは各市町村高齢者福祉担当窓口、又は各保健所までお問い合わせください。

カテゴリー

page top