障がいのある方を虐待から守るために

 平成24年10月に、障がいのある方への虐待の防止や家族などに対する支援をするための法律、障害者虐待防止法ができました。
 障がいのある方ご自身が虐待を受けたり、周りに虐待を受けている障がいのある方を見かけた場合は、すぐにお近くの市町村に相談してください。
 早期発見により、虐待を未然に防止するためには、皆さんのご協力が必要です。虐待かどうかわからないけれども、ご本人がつらい思いをしている様子である場合なども、まずはご相談ください。
 障害者虐待防止法では、「何人も、障害者に対し、虐待をしてはならない(障害者に対する虐待の禁止)」と規定されています。
 虐待を受けた障がいのある方は、市町村に届け出ることができます。
 また、虐待を受けたと思われる障がいのある方を発見した者は、市町村などの関係機関に通報することが義務づけられています。
 次のようなことに気がつきましたら虐待行為の疑いがありますので、通報することが必要となります。
 ・ 近所から(障がい者福祉施設や障がいのある方の働いているお店などから)叩く音や叫び声が聞
  こえる
 ・ 不自然な傷が多い障がいのある方がいる
 ・ 衣服や体がいつも極端に汚れている障がいのある方がいる
 ・ 職場から賃金をきちんともらっていない障がいのある方がいる

 通報者のプライバシーは法律で保護されています。その気づきによって大切な命が守られることがあるかもしれませんので、見つけたときは勇気を出して最寄りの市町村に早めにご連絡ください。

 【問い合わせ先】
  ・お住まいの市(区)役所、町村役場 障がい者虐待防止センター窓口
  ・北海道障がい者権利擁護センター
   (担当:保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課地域支援係)
    電 話 011-231-8617
    FAX 011-232-4068

カテゴリー

page top