ギャンブル問題でお困りのあなたへ・・・

 依存症とは、ある特定の物質や行為を「やめたくても、やめられない」状態を言います。ギャンブル依存症は、ギャンブルに没頭することで、快感が得られたり不快な気分から逃れることができ、それが習慣化するうちにコントロールできなくなった状態です。パチンコなどの遊技も含めて言う場合は「ギャンブル等依存症」と言います。

【ギャンブル障害の診断基準】〔DSM-5のGambling Disorderから抜粋し、田辺等 訳〕
A:以下の持続的に繰り返す問題のあるギャンブル行動が12か月のうちに4個以上出現する。

Noギャンブル行動✔欄
1望むような興奮を得るために掛け金を増額したギャンブルが必要になる
2ギャンブルを切り上げたり、やめたりすると落ち着かなくなったり、いらいらする
3ギャンブルを控えよう、減らそう、やめようと努力を繰り返したが成功していない。
4ギャンブル等にとらわれている(過去のギャンブルを生き生きと思い浮かべたり、次のギャンブルのハンディ付けや計画を考えたり、ギャンブルの資金を得る方法を考えるなど、いつもギャンブルのことを考えている)
5苦痛な気分(無力感、罪悪感、不安、抑うつ)のときギャンブルをすることがよくある
6ギャンブルの負けを別の日に取り返そうとすることがよくある(負けた金の”深追い”をする)
7ギャンブルに熱中している程度を隠そうと嘘をつく
8ギャンブルのために重要な人間関係、仕事、教育または職業上のチャンスを危険にさらしたり、失ったりしたことがある。
9ギャンブルが原因の絶望的な経済状況を救済する金を出して欲しいと他人に頼る

B:以上のギャンブル行動は躁病エピソードでは説明されえない。   
軽度:4~5項目が該当  中等度:6~7項目が該当  重度:8~9項目が該当

 お悩みの方は、下記連絡先にお問い合わせください。
  【札幌市以外の方】○北海道立精神保健福祉センター(Tel:(011)864-7121)
            〒003-0027 札幌市白石区本通16丁目北6番34番
           ○お住まいの地域を担当する保健所

  【札幌市民の方】 ○札幌こころのセンター(Tel:(011)640-7183)
            〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目WEST19 4階

カテゴリー

page top