お酒と上手に付き合えていますか?

 アルコールは適量であれば生活に潤いを与えてくれますが、適量を超えると生活習慣病をはじめ、心身に様々な害を与えます。
 また、高齢者や女性の飲酒による健康問題についても世代や性別に伴うリスクがあるため、高齢者の過度な飲酒が脳血管障害・骨折・認知症等の強力なリスク因子になること、女性の飲酒には「血中アルコール濃度が高くなりやすい」「早期に肝硬変やアルコール依存症になりやすい」、妊婦の飲酒は「胎児性アルコール症候群などのリスクを増大させる」といった特有の飲酒リスクがあります。
 これを機会に今のアルコールとの付き合い方が適正かどうか見直してみましょう。

【AUDIT(飲酒習慣スクリーニングテスト)】
A:現在の飲酒習慣が適正なものなのか、あるいは健康への被害や日常生活への影響が出るほど
問題のあるものなのか、次のスクリーニングテストで確認してみましょう。

No

設問得点
1あなたはアルコール含有飲料をどのくらいの頻度で飲みますか?
0:飲まない     1:1か月に1度以下     2:1か月に2~4度
3:1週間に2~3度    4:1週間に4度以上
2飲酒するときには通常、純アルコール換算でどのくらいの量を飲みますか?
0:10~20g 1:30~40g 2:50~60g 3:70~90g 4:100g以上
※参考
ビール中瓶1本=20g 焼酎(25度)1合(180ml)=36g 日本酒1合(180ml)=22g       ワイン1杯(120ml)=12g ウイスキーダブル(60ml)=20g
31度に純アルコール換算で60g以上飲酒することがどのくらいの頻度でありますか?
0:ない  1:1か月に1度未満  2:1ヶ月に1度 3:1週間に1度
4:毎日あるいはほとんど毎日
4過去1年間に、飲み始めると止められなかったことがどのくらいの頻度でありましたか?
0:ない  1:1か月に1度未満  2:1ヶ月に1度 3:1週間に1度
4:毎日あるいはほとんど毎日
5過去1年間に、普通だと行えることを飲酒していたためにできなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?
0:ない  1:1か月に1度未満  2:1ヶ月に1度 3:1週間に1度
4:毎日あるいはほとんど毎日
6過去1年間に、深酒の後、体調を整えるために、朝迎え酒をせねばならなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?
0:ない  1:1か月に1度未満  2:1ヶ月に1度 3:1週間に1度
4:毎日あるいはほとんど毎日
7過去1年間に、飲酒後、罪悪感や自責の念にかられたことが、どのくらいの頻度でありましたか?
0:ない  1:1か月に1度未満  2:1ヶ月に1度 3:1週間に1度
4:毎日あるいはほとんど毎日
8過去1年間に、飲酒のため前夜の出来事を思い出せなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?
0:ない  1:1か月に1度未満  2:1ヶ月に1度 3:1週間に1度
4:毎日あるいはほとんど毎日
9あなたの飲酒のために、あなた自身か他の誰かがけがをしたことがありますか?
0:ない     2:あるが、過去1年間はなし   4:過去1年間にあり
10肉親や親戚、友人、医師、あるいは他の健康管理に携わる人が、あなたの飲酒について心配したり、飲酒量を減らすように勧めたりしたことがありますか?
0:ない     2:あるが、過去1年間はなし   4:過去1年間にあり

B:AUDIT判定区分ごとの指導内容     (出典:肥前精神医療センター杠岳文作成)

A U D I T 点 数

指 導 内 容

0~9点さらなる節度ある飲酒のすすめ
10~19点(生活習慣病なし)

1日20g以下の飲酒のすすめ
10~19点(生活習慣病あり)2週間の断酒体験のすすめ
20点以上(アルコール依存症の疑い群)アルコール専門医療機関受診、断酒のすすめ

お悩みの方は、下記連絡先にお問い合わせください。
  【札幌市以外の方】○北海道立精神保健福祉センター(Tel:(011)864-7121)
            〒003-0027 札幌市白石区本通16丁目北6番34番
           ○お住まいの地域を担当する保健所          
  【札幌市民の方】 ○札幌こころのセンター(Tel:(011)640-7183)
            〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目WEST19 4階

カテゴリー

page top