危険ドラッグの撲滅について

危険ドラッグの摂取による救急搬送や交通事故等の被害事例が全国的に多発し、深刻な社会問題となっています。
道では、危険ドラッグを撲滅するため、危険薬物の迅速な指定などを盛り込んだ「北海道危険薬物の使用等の規制等に関する条例」を制定し、平成27年9月1日から施行しました。
「危険ドラッグを作らせない、売らせない、使わせない」を合い言葉に、危険ドラッグの撲滅に取り組んでまいりますので、危険ドラッグ販売などの情報を入手した場合には、最寄りの保健所又は保健福祉部にお知らせいただきますようお願いいたします。

【問い合わせ先】
詳しくは、最寄りの保健所又は保健福祉部地域医療推進局医務薬務課薬務係にお問い合わせください。
電話011-204-5265

カテゴリー

page top