400mL献血にご協力ください

献血は、輸血を必要としている患者さんに使用されて、初めて献血者の善意が生きてくるものです。
現在、輸血用の血液製剤はすべて皆さんの献血血液で確保され、尊い生命が救われています。
しかし、医療技術が進んだ現在でも、輸血によって副作用の発生が見られることがあります。
治療の際に800mLの輸血を必要とする場合、200mL献血(男女16~69歳)では4人分の血液が必要ですが、400mL献血(男性17~69歳、女性18~69歳)では2人分の血液で間に合います。
これによって輸血で起こる副作用などを大幅に減少させることができ、治療効果の高い、より安全な輸血が期待できます。
大切な生命を守るため、400mL献血にご協力をお願いします。
新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛や企業の在宅勤務などにより、献血にご協力いただける方が非常に減少しております。
輸血を待つ患者さんとその家族のため、一人でも多くの皆さんのご協力をお願いいたします。
なお、患者さんに、より安全な血液製剤を供給するため、エイズの検査を目的とした献血はお断りしています。

詳しくは、最寄りの血液センター、保健所、または市(区)役所、町村役場へお問い合わせください。

カテゴリー

page top