エゾシカによる交通事故を防ぐために

 エゾシカによる道路交通事故は、10月から11月にかけて多く発生しています。エゾシカの生態や習性を知り、安全運転を心がけましょう。

1.早朝・夕方の運転に気をつける
エゾシカの活動のピークは日出と日没前後です。出没の機会が増えることに加え、周囲が暗くエゾシカに気付きにくいことから、気をつけて走行してください。

2.秋~初冬の運転に気をつける
10~11月はエゾシカの繁殖期です。エゾシカが活発に行動するようになり、越冬地への季節移動を行う時期でもあることから、この時期は特に気をつけて走行してください。

3.夜間の走行時、光る目を見つけたら・・・
車のヘッドライトが反射するとエゾシカの目が光ります。暗いときに光るものを見つけたときには、スピードを落としてよく確認してください。

4.路上にエゾシカを見つけたら・・・
(1)道路上のエゾシカは動きが鈍い
エゾシカは、車が接近しても逃げずに立ち止まる場合があります。また、エゾシカの蹄(ひづめ)は舗装路では滑りやすく、逃げるのが遅れたり転んだりすることがあります。スピードを落としてエゾシカの行動をよく確認してください。
(2)1頭だけとは限らない
エゾシカは群れで行動しています。1頭が逃げたり横断するのを確認した後も安心せず、2頭目以降の飛び出しがないかよく確認してください。


○参考ホームページ

【問い合わせ】
環境生活部自然環境局野生動物対策課エゾシカ対策係
電話:011-204-5206
FAX:011-232-6790
各総合振興局・振興局保健環境部環境生活課自然環境係

カテゴリー

page top