ペットの遺棄・虐待は犯罪です

 愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。動物虐待とは、動物を不必要に苦しめることをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする行為だけでなく、必要な世話を怠ったり、ケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。
愛護動物の虐待や遺棄を発見したときは、最寄りの各(総合)振興局環境生活課または警察署に通報してください。

・愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→5年以下の懲役または500万円以下の罰金
・愛護動物に対し、みだりに身体に外傷を生ずるおそれのある暴行を加える、またはそのおそれのある行為をさせる、えさや水を与えずに酷使する等により衰弱させるなど虐待を行った者
→1年以下の懲役または100万円以下の罰金
・愛護動物を遺棄した者
→1年以下の懲役または100万円以下の罰金

やむを得ない事情でペットの飼育が困難になった場合は、知人・友人に新しい飼い主を紹介してもらったり、ポスターを掲示して飼い主を募集するなど、自ら新しい飼い主を探すことが飼い主の責務です。

○参考ホームページ

地方自治体動物虐待等通報窓口一覧

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/3_contact/reportcruelty/

環境省動物の遺棄・虐待防止ポスター

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/poster04.pdf

【問い合わせ】
環境生活部自然環境局自然環境課企画調整係
電話:011-204-5987
FAX:011-232-6790
各総合振興局・振興局保健環境部環境生活課自然環境係

カテゴリー

page top