2月7日は「北方領土の日」。1月21日から2月20日は「北方領土の日」特別啓発期間です。

 北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還要求運動の一層の推進を図るために、政府は1981年(昭和56年)1月6日の閣議で2月7日を「北方領土の日」とすることを決定しました。
この2月7日は、1855年(安政元年)伊豆の下田で、『日魯通好条約』が結ばれ、択捉島とウルップ島の間に国境を定め、択捉島以南の北方四島が我が国の領土として国際的にも明らかにされた歴史的な意義をもつ日であり、平和的な話し合いの中で領土の返還を求める北方領土返還要求運動推進の目的に最も合った日として設けられたものです。
北方領土問題の解決には、国民一丸となった世論の喚起が重要です。
国の外交交渉を支え、後押しし、さらなる道民世論の結集を図るため、北海道では、独自の取組として、2月7日の「北方領土の日」を中心に「北方領土の日」特別啓発期間を定め、道、市町村及び関係団体が連携し、一層強力に北方領土問題の啓発活動を展開します。

【主な行事】
・2023北方領土フェスティバル(2月7日さっぽろ雪まつり大通会場5丁目道新雪の広場)
・「北方領土の日」署名活動(2月6日~8日札幌駅前通地下歩行空間)
・北方領土啓発ブース(2月1日~13日サッポロファクトリー)
・北方領土パネル展及び署名コーナー(1月10日から全道各地)

【お問い合わせ】
〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目
北海道総務部北方領土対策本部北方領土対策課啓発係
電話:011-204-5069〔直通〕

カテゴリー

page top